爪ノ灯

「やりたいこと」なんてわからないけど、『やりたくなこと』は明確だ。サボる技術はそんなあなたの力になります!

加湿器の掃除に効果アリ! 加湿器にリステリン?次亜塩素酸とは? 種類によって使い分ければ空間除菌も期待できるよ!【シャープ(空気清浄機)/無印良品】

f:id:tumenoakari:20200209114852j:plain

 

 加湿器に水以外のものを入れるとさまざまな効果が期待できますよ!

 

 

加湿器に発生するピンクぬめりの正体

 加湿器を使っていて掃除で悩んだことは無いでしょうか?使っていると水が張っているところにピンクのぬめりが発生するのは加湿器あるあるだと思います。このピンクぬめり正体は菌類です。健康被害が心配なので調べてみると、免疫が低下しているとちょっと危ないかもしれないですが、健康であれば大丈夫とのこと。やっぱり、対策できるのであれば対策しておきたいと思います。

 

加湿器つきの空気清浄機から嫌なにおいがする

 この嫌なにおいの正体も菌です。洗濯物の生乾きのにおいと同じようなイメージです。これは大人気のシャープの加湿空気清浄機でよくある問題です。

 

菌をやっつけるために何をするか

 日々加湿器に何をするか? 水を入れることです。水を入れる工程は必ずありますので、その時「ついで」に工夫すると便利です。

 

リステリンを入れる 

 家にリステリンがあれば試してみましょう。

 

リステリンとは何か

 加湿器にリステリン!?って思いますよね?リステリンは洗口液、液体歯磨きです。でも、「もともとリステリンは消毒液」なのです。タンクに給水するときにリステリンを入れるのは殺菌効果を期待しての事なのです。

 

リステリンを使うメリット

 リステリンを入れる目的は殺菌になりますが、殺菌だけならリステリン以外のモノでもできます。リステリンを使う固有のメリットがあります。

 

 ・すでにリステリンを持っている場合、新しく買う必要がない

 ・加湿器用途で使い切れなくても本来の用途で消化できる

 ・逆に、本来の用途で使い切れなかったリステリンが消化できる

 

 総括すると、すでにリステリンを持っているのであれば導入のハードルが低いという事がメリットになります。ちなみに、我が家はシャープの加湿空気清浄機にリステリンを入れています。うちのリステリンはプッシュポンプがついていますので、だいたい2プッシュくらいを入れています。けっこう少量ですが、量が多いと空気清浄機からリステリンのにおいがするのであえて少量にしています。

 

www.tumenoakari.com

 

リステリンを使うデメリット

 容量当たりの単価が次亜塩素酸水と比較して高額です。洗口液なので、人体へ悪影響があることは考えづらいですが、水と比べるとやや粘度のある液体ですので機械に対して何か影響が発生する懸念はあります。ちなみに我が家の実績ですが、シャープの加湿空気清浄機を夏以外この方法で2年くらい運用していますが、特に機械に異常は発生していません。

 

次亜塩素酸水を入れる

 超音波式の加湿器に特に有効な対策になります。

 

 

次亜塩素酸水とは何か?

 簡単に説明すると、安全に殺菌できる水です。医療機関でも使用されている実績があり、水で薄めて濃度を調整することで、吐しゃ物の消毒から家具の消毒、トイレの消臭、食器の消毒などに効果を発揮します。

 

次亜塩素酸水を使うメリット

 期待する効果はリステリンと変わりませんが、超音波式の加湿器の場合は空間除菌が期待できます。超音波式の加湿器は、加湿器内の液体を噴霧する仕組みです。霧吹きみたいなイメージです。これは次亜塩素酸水スプレーと同じことになりますので、空気中の菌をやっつける効果が期待できます。ちなみに私は無印良品のアロマディフューザーで使っていました。アロマオイルを一緒に入れてもちゃんと香っていました。

 

次亜塩素酸水を使うデメリット

 消費期限が短いです。未開封で3か月。時間経過でだんだん濃度が低くなっていく感じです。私は次亜塩素酸水からリステリンに切り替えたのですが、その理由がこの消費期限の短さです。毎回、はんぶんくらい捨てていました。買う時も悩ましく、10リットル買うと1リットル当たりリステリンの三分の一ほどに価格を抑えることができるのですが、使用期限と保管場所の問題がクリアできず、リステリンに移行したという感じです。

 

実際に、効果はあったのか?

 我が家の環境では次亜塩素酸水、リステリンともにピンクぬめりや嫌な臭いへの効果が確認できました!

 

自己責任だからこそ、人体に影響がないものを

 この手の取り組みって、誰も保証してくれないです。だから、自分で調べて、自分でやってみた体験談を共有することにしました。こういう取り組みを行う時に気を付けなくてはならないことは安全だと思っています。そして、安全かどうかを考えると「口に含むことができるか?」「医療機関で使われているか?」「食器など、口に入るモノでの使用がされているか?」「赤ちゃんへの使用実績があるか?」この辺りをチェックしておくとハズレが少ない気がします。

 

 私もこういう事始める前にいろいろ調べて、納得してからやるので、みんなで情報共有して、人生を豊かにしていきましょう!!