バカバカバカっ!早く買わなかったことを後悔したヤツら【ココ】

香水がなくなるまでの期間が気になったので100mlの香水が何日(何年)でなくなるのか試してみた

 

こんにちは。灯(@tumenoakari)です。

 

みなさんは香水を楽しんでいるでしょうか。

 

香水を楽しんだことがある人なら1度はこう思ったはず。

 

「あれ、香水ぜんぜん減らないな!」と。

 

新しい香水が欲しくなって、いま使ってる香水がなくなったら買お~って思っていても全然減らない!新しいの買えない!

 

ってなったことは無いでしょうか。

 

そこで今回は、香水がなくなるまでの期間を計測&計算しましたので、情報を共有していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

購入履歴から判明した100mlの香水がなくなるまでの期間はおよそ4年でした

 

こんかいの検証で使った香水はこちら。

 

ジバンシィのウルトラマリンです。 高校生の時からずっと使い続けているマイフェイバリット香水です。

 

検証に使う容量

 

容量は100mlのものです。大容量で、mlあたりの単価がいちばんお買い得なやつですね。

 

 

香水の使い方(レギュレーション)

 

香水の使い方について。

 

・使うのは基本 平日のみ
・使い忘れる日もある
・1日ワンプッシュのみの使用

 

こんな感じのレギュレーション(使い方のルール)で計測してみます。

 

普通な感じで使うと100mlの香水はどのくらい持つのか?という検証になります。

 

結果、4年以上もちました

 

購入場所はAmazon。

 

購入履歴が残っているので、使い始めの日にちがわかります。

 

購入日が2018年7月13日。

 

この記事を書いているタイミングで使い切っているので、2022年9月11日で終了。

 

購入してすぐ使い始めているわけではない事(配送/受け取りまでにタイムラグがある)、レギュレーションの通り絶対に毎日使っていたわけではない事などなどを含めて考えると、だいたい4年くらいもった計算になります。

 

4年もつのはおトクだが、香水に有効期限、使用期限はあるのか? 大丈夫か??

 

香水に限らず、大容量で購入すると容量当たりの単価を低く抑えることができます。 1回でたくさん買うとおトクってコトですね。

 

今回の検証で100mlの香水は4年もった事実が判明しましたが、4年も持ってしまうと使用期限とか大丈夫なのかな?というのが気になってしまいます。

 

しかし、香水のパッケージを見ても使用期限なんて書いていません。

 

これには医薬品医療機器等法(旧薬事法)が関係してきます。

 

医薬品医療機器等法(旧薬事法)では「製造または輸入後3年を超えて安定した品質を保てる化粧品は、使用期限を表示しなくても良い」とされているからです。 まぁ、アルコールがメインの製品ですからねぇ。

 

しかしですね、これは製造または輸入後のお話。 未開封と開封済みでは使用期限が違うと考えるのが妥当だと思います。 食品なんかもそうですが、空気に触れたりすると劣化は早まりますから。

 

じゃあ何年くらいで使い切るのが良いのか?と調べると「概ね1年を目安に使い切ってください」と言っているところが多いです。

 

感覚的には妥当かなと思います。

 

実感として、4年で香水が劣化した感覚はありませんでした

 

実際4年かけて100mlの香水を使い切ったわけですが、香水の劣化を実感したか?と言われるとぜんぜん実感しませんでした。

 

ちなみに、わたしはこの香水(ジバンシィのウルトラマリン)は高校生の時からずっとリピートしています。

 

 

つまり、古くなった、なくなりかけの香水と届いたばかりの開けたての香水を嗅ぎ比べているということです。

 

そのうえで劣化の実感はありませんでした、というのが素直な感想です。

 

ちなみに、保管場所は良かったような気がします。

 

光の当たらないクローゼットの中で保管していましたし、アトマイザーに移して使用していたので使い方がいい感じで劣化を抑えられていた可能性はあります。

 

飽きと使用期限を考慮すると、香水は30mlサイズがバランス良いかも

 

こんな感じで実際に数字を取って考えてみると、香水のベストサイズは30mlなのかなぁと思います。

 

100mlを使い切るのに4年、開封した香水はできれば1年以内に使い切りたいってことを考えてベストサイズを計算すると30mlになるのかなと。

 

香水サイズは大きく3つある感じがするんですよ。30ml 50ml 100ml の3種類。

 

100mlで4年使えるとした場合、各サイズの使い切り期間はこうなります。

 

・100mlの香水 → 使い切りまで約4年
・50mlの香水  → 使い切りまで約2年
・30mlの香水  → 使い切りまで約1年

 

厳密に計算すると100mlで4年ってことは25mlで1年ってことなので、30mlの香水なら多少こぼしたりしてロスっても概ね1年超くらいが使い切りの目安になるんじゃないかと思います。

 

それと、今回計算していて思ったのは1回あたりのつける回数、プッシュ数ってすごい重要だなということ。

 

今回のレギュレーションでは1日ワンプッシュの使い方でしたが、これが2プッシュになると使い切りまでの期限が半分になります。

 

100mlの香水なら2年、50mlで1年、30mlだと半年で使い切りです。 朝付けて昼過ぎくらいに付けなおす人の使い切り期間はこのくらいになる計算です。

 

そう考えると100mlの香水1年で使い切るためには1日4プッシュ必要になるのですが、つけすぎでは? 「あの人クサイ!」って思われないんですかね?

 

1日ワンプッシュでも上手くつければ1日中ほのかに香るくらいにできるので、100mlの香水はなんだかオーバーすぎるというか罠っぽい感じがします。(おトクだから買うけど)

 

香水をプレゼントしたりプレゼントされたりあると思いますが、この場合のサイズは30ml一択になるかなぁと思いました。大容量は豪華ですけど「好みに合わなかった」とき、この量は時しんどいですからね。

 

今回あらためてしっかり計算してみて、長年の疑問が解消しました! スッキリ!!!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
灯

大手では取り扱えない、ちょっとニッチな情報を楽しくまとめたブログ「ツメノアカリ」を運営しています('ω')ノ

Twitterフォローで更新通知が配信されます!
被服費
スポンサーリンク
Twitterフォローで更新通知が配信されます!
ツメノアカリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました