爪の灯

元スーツ販売員、いま事務職。スーツを売る側、利用する側の両方が備わり最強に見える!

【サボる技術】サボりの基本は即対応!忙しい人がずっと忙しい理由を理解する!悩む時間はマジで無駄!即対応で効率よくサボれ!

 

 原則として忙しいとサボれない。いい感じにサボるためには効率の良い仕事の仕方が重要だ的な事を以前書いた気がするが、その続き。サボる時間を捻出するために重要なのはなるべく直ぐに対応する事。メールの返信もそうだし、作業や確認も早いほうが良い。拙速を尊ぶ的なやつ。概念的なお話をすると、どこまで先を見据えてバランスをとっていくかという事だ。

 

 何社か転職してそれなりに仕事をしている経験から「超ばっちり」という指示はあまりこない。大抵、指示のどこかにふんわりした部分が有り、ふんわりした部分とは言い方を変えると「そこに判断が存在する」という事。で、ミスやトラブルというのも言い方を変えると「判断まちがい」なので、ミス・トラブルを撲滅していこうと思ったら、どれだけ判断する箇所を少なくしていけるかという事に取り組む事になる。まぁこれは正論みたいなもので、世の中理論理屈正論だけで運用出来たら世話ないねという事は普通に社会人している人なら「あー、うんうん」ってなってくれると思うので、こういうのを飲み込んだうえでいかにサボるかを考える。そうすると即対応がかなり効果的であることに気が付く筈だ。

 

 即対応を行う意義とは、上述の「ふんわりした部分」を早期に解消する事である。ふんわりした部分がふんわりした部分である理由の大きなところには大きく2つの要因があると思う。①調整不足(コミュニケーション不足) ②やってみないとわからない この2点。で、行動のゴールをいい感じの品質でとっとと仕事を終わらせてサボるとした場合、即対応をする事でサボる時間を稼ごうという考え方だ。

 

 サボる技術としてのコミュニケーションを行う場合は、ボールが常に相手側にあるように意識する事が重要である。こっちでボールを握っている時間はサボる時間が刻一刻と減っている状態であると認識するのだ。相手にボールを握らせておいて、その間サボる訳である。①を要因とした、コミュニケーションをしっかりして問題解決に向かうなら幸せで、世の中、マジで、ちょっと考えればわかることでもやってみた結果を見ないと納得できない人というのは居るもので、こういう人相手に延々とコミュニケーションをとり続けても無駄なので、この場合は切り替えて先ずやってみる。で、成功したらそれでよし。結果としてとっとと仕事が片付いた事になるし、ダメだったらダメだったという結果が早く出るので次のステージに進める。この状態はまだサボる時間を残せる余地があるので次のステージもなるべくサボれるように努力する。みたいな。正直、悩んでいる暇があったら手を動かしたほうが良い。悩みに悩んだ末、間違ったほうをチョイスしていたとしたら踏んだり蹴ったりでしょう?救いがない。ちなみに個人的にはルールを決めて対応している。迷うという事は、どちらを選んでも釣り合うくらいに「良い部分」「悪い部分」があるので、迷ったら左にあるほうを選ぶ。みたいな感じで決め打ってやるようにしている。悩むことで消費する時間はとてもじゃないが上質のサボりタイムとは言えないだろう。これの悲しいところは、下手したら他所から見たらサボっているように見えてしまう可能性があることだ。違うんだ。サボるのならばもっとちゃんとサボる。

 

 先を見据えて仕事を進めていく事も効率よくサボるためには必要な事だ。リスクマネジメントと言っても良い。トラブル対応ほど悲しい時間はないのだ。トラブル対応というのはトラブルが発生しなければ消費する必要のない時間なので、本来サボれたはずの時間なのだ。ずっと忙しくしている人というのが居るが、これは大きく2種類あると思っていて①案件が集中する人 ②要領が悪い人 と思っている。①に関してはまた別エントリで解説するのでここでは触れないが、②要領が悪い人 は、ダメスパイラルに陥っている可能性がある。

 

 例として、目先の事しか見えていないという設定で、

 ①やらなきゃいけない事がいっぱいある状態になる

 ②何とかしようと急いで仕事をこなす

 ③急いで仕事をしているから抜け、漏れがある仕事になる

 ④抜け、漏れのある仕事が原因でトラブルが起きる

 ⑤トラブル対応という仕事が差し込まれる

 ⑥やらなきゃいけない仕事が増える

 ⑥最初に戻る(状況次第では悪化した状態で最初に戻る)

 

 この無限ループに陥っている可能性がある。「トラブル対応」の属性を認識していないと言わざるを得ない。トラブル対応とは、最上位の特急属性を持っているという事を甘く見すぎである。トラブル対応程、調整のきかない仕事はない。よって「忙しい状況だー!」という認識が有るのならば、むしろ全力でトラブルを発生させない仕事の進め方を、意識してする必要があるのだ。確認が重要という事であり「サボるために残業する」事が成り立つという事である。この場合の残業は必要で、費用対効果も高いものとなる。勝ち負けの話をするならやらなきゃいけない事がいっぱいある状態になってしまった時点で負けである。そうならないように、即対応を心掛け、そもそも仕事が溜まらない様にするのだ。

 

 サボりには「質」というものが有り、心地よくサボる事に対してこだわりを持たなくてはならない。そのために本質を見抜く目を養い、メリハリをつけて仕事をこなしていく。サボっているのに給料上がっていくところまで持っていけたら完璧だ。がんばって良くサボろう。

 

 

ゴム印 特急(ヨコ) か印09

ゴム印 特急(ヨコ) か印09

 

 

 

 

【サボる技術】洗濯機は縦型?ドラム? 家事をサボるのであれば断然ドラム!それもなるべく高級モデル!というか乾燥機が重要!何故か床がきれいになる!!そして、お金が貯まっていくのもドラム式だろうという話。

f:id:tumenoakari:20191105100848j:plain

 

 ここ1~2年を通して考えて、最も満足度が高かった家電は?と聞かれたら迷いなく「ドラム式洗濯乾燥機」と回答する。

 

 結婚して新生活が始まって。しばらくの間は戦略的に夫が一人暮らしをしていた時に使っていたものをだいたい全部引き継いで生活をしていた。これは、夫婦生活で本当に必要なものを見極めて色々揃えていきたいという考えに基づく作戦だ。買って後悔するのも嫌だけど、捨てるのも大変だからね。そのため、結婚してしばらくは普通の縦型の全自動洗濯機を使っていたのだ。

 

 縦型洗濯機をしばらく使ってみて、夫婦生活における「洗濯」という家事を分析してみると、意外と「洗い」に関しての不満が無い事に気が付いた。「洗い」に対して全く不満が無いかといえばタオルの臭い等の不満はあるのだが、それ以上に、ぶっちぎりで「洗濯機から取り出して干しに行き、そして取り込む。別途、天候による判断を含む。」という工程に不満が集まった。濡れているから重いし、冬は冷たいし、干しに行く「移動」が発生するし、外に干すと天候の影響というか制限を受けるし、部屋干しすると部屋のスペースが減るし、部屋の美観は損なうし、部屋の湿度に気を付けなくてはならないし・・・・・・ これ全部、洗濯ではなく乾燥が要因なので、乾燥機能が強いものが良いだろうと。そうなると仕組み的に縦型よりもドラム式のほうが乾燥が強いし安いので、我が家のニーズとして、ドラム式に絞られたという流れである。

 

 干しに行く手間もしんどいのだが、地味ながら美観も相当に重要なポイントで、部屋干しの見苦しさは対策が必要なほどである。洗濯物自体がすぐに乾くという事でもないので、結構な時間部屋に洗濯物がぶら下がっている事になる。そしてこの美観の状態が足を引っ張り、全然関係のないところが乱れていく。床にモノとか置き始めるのだ。事実、部屋干しやめたら床にモノを置かなくなった。見た目って大事。ほか、細かい話だが「窓を開けなくてはならない」機会を減らせる点もポイント。換気の為なんかで能動的に窓を開けるのは良いのだが、「不慮の」を冠する洗濯物を干すという行為の為に窓を開けると、窓を開ける事に付帯するもの、部屋の温度が上がったり下がったり、虫や花粉やたばこの煙が入ってきたりという機会を減らす事もできる。ペット飼っている人なんかは脱走の抑制にも効果があるだろう。

 

 縦型からドラムに買い替えるときに、ちゃんと乾かず、8割くらいしか乾かないので、どうせ乾燥機を回してもそのあと干す工程が残るんじゃないか?という不信感があった。というか、この不信感が購入までの最大のハードルだった。夫婦そろってこの認識だったので、使った事がない人は大抵この認識なんだろうなぁと思った。買ってからも、自分で乾燥機能使うまではこの乾燥機能の能力に不信感があった。当たり前だがこれは杞憂だった。しっかり乾く。ふわふわ。

 

 我が家では奮発して良いモデルを買った。結婚して1年くらい古い洗濯機で我慢してきたご褒美的な意味合いもあるのだが、この選択は正しかったと今でも実感している。これ、乾燥機能のうまみを知るともうこれなしじゃいられなくなる。シャワートイレとかと一緒で、一度体験してしまうとこれがスタンダードになってしまうやつ。認識として、洗濯と乾燥がセットになる。ここ重要で「洗濯12kg/乾燥7kg」という風に、洗濯能力と乾燥能力は異なる事が普通で、我が家の使い方だとこの洗濯12kgというスペックはほぼ無意味である。乾燥までやらない洗濯は基本しないので、乾燥できる最大容量までしか回さない。なので、この乾燥容量が実用的なスペックという感じで使っている。良いモデルはこの乾燥容量が大きいのだ。車で言うところの、カタログ上の燃費と実際の燃費との差みたいな感じ。というかこれ、洗濯12kgのほうを重視するのであれば普通に縦型買うのと変わらないと思う。なお、我が家の場合はそれ以前の問題であり「12kg洗っても干す場所ない」問題がある。ちなみに洗濯から乾燥までをワンセットで考えている理由として、単純に楽したいという事もあるのだが、洗濯槽を乾燥させたいという理由もある。

 

 乾燥機能のほかにこだわったのが温水で洗濯できる機能。前述のタオルの臭い等に効果てきめん、めっちゃ臭い取れる。15度、30度、40度、60度(除菌)と選べ、気になる時には40度、本気出すときには60度という使い分け。梅雨時期の嫌な臭いはこれで対応できる。よく縦型とドラムで汚れ落ちの差の話があるが、仕組みとして縦型のほうが汚れ落ちが良いという話であるが、通常レベルの洗濯物では大差ないという体感だし、縦型使っていればタオルから臭いがしなくなるか?といえばそうではないし、縦型/ドラム関係なく、温水で洗濯すれば間違いなくレベルの違う仕上がりになるので、洗浄機能にこだわるのなら温水洗濯の機能も必須だろうと思う。

 

 運用面でのお買い得、節約ポイントの話。タイマーの機能を上手く使うと非常にオトク。乾燥までやると結構な時間がかかるのだが「寝て起きたら完成している」という風にしてしまえば気にならない。我が家がオール電化で深夜電力が安いという事情もあるのだが、寝る前にタイマーセットして、朝起きた時に仕上がるようにしておくと、電気代が安い。もちろん乾燥までのフルコース。特に温水使う場合はよりオトクになる。乾燥機能があるという事は天候に左右されないという事なので、タイマー機能を存分に活かすことが出来る。また、機械故障などのトラブルを除いて「いつ、洗い終わっている」という事が確定できるので無駄な洗い替えをもつ必要がなくなるのもgood。家事の段取りも固定できるので非常にメリットの大きな運用になる。夜洗濯機に洗濯物詰め込んでボタンを押しておくと朝出来上がっている。朝は取り出すだけで、余裕が有れば畳んでもいいし、余裕が無ければ&しわになっても問題ないモノであればそのままカゴに入れっぱなしにしておくとかで良い。便利。

 

 あとこうなってくると「洗濯」という家事のハードルは「取り込んで、畳んで、しまう」事へとシフトしていく。洗濯機開けて中のモノ取り出すというアクションをなくすには何かのブレイクスルーが必要だと思うので、目下「畳まなくても良い運用」を色々試している次第である。

(ただなぁ、きれいに畳まれて積み上げられたタオルって、見た目美しいんだよなぁ・・・・・・)