爪ノ灯

「やりたいこと」なんてわからないけど、『やりたくなこと』は明確だ。サボる技術はそんなあなたの力になります!

【平野ブラシ(水雷型)&江戸屋ブラシ(カシミヤ用)】7年使用比較レビューで、何故平野ブラシがおすすめなのか徹底解説します!(口コミ)

 

f:id:tumenoakari:20140504172412j:plain

 

 ちょっとお高い平野ブラシ。洋服ブラシに2万円超はかなり勇気が要る買い物です。しかし、実際に買って使ってみるとやっぱり平野ブラシ最高だなと思うのです。平野ブラシしか使わなくなる。その理由を解説します。

 

 

 

ブラシの比較

値段の比較

 ①【平野ブラシ】水雷型ブラシ(約2.3万円)

 ②【江戸屋ブラシ】カシミヤ用ブラシ(約6.5千円)

 ③【ノーブランドブラシ】洋服用(約2千円)

 

サイズの比較

f:id:tumenoakari:20140504172348j:plain

 

 ①【平野ブラシ】     約23cm

 ②【江戸屋ブラシ】    約26cm

 ③【ノーブランドブラシ】 約26cm

  但し、平野ブラシは全長=ブラッシングできる面積であり実質、他のブラシの倍くらいの能力があります。

 

 毛足の長さの比較

f:id:tumenoakari:20140504172402j:plain

 

 ①【平野ブラシ】     約55mm

 ②【江戸屋ブラシ】    約40mm

 ③【ノーブランドブラシ】 約25mm

 

 ぱっと見、平野ブラシと江戸屋ブラシにそれほど差が無いような感じがしますが、江戸屋ブラシが二段植毛仕様なので、密度が圧倒的に違います。平野ブラシは、ブラシ面を下にしてテーブルに置いてもヘタらないくらい毛にコシがあり、密度も高いです。 

 

f:id:tumenoakari:20140504172348j:plain

 

 真上から見ると、平野ブラシは全くスカスカ感がないことが伝わると思います。

 

実際に使ってみた感想

平野ブラシ

 ブラッシングできる面積が非常に大きい為、直ぐにブラッシングが終わります。また水雷型というモデル、持ち手が無いのでやりにくそうな感じがしますが実は逆。ある程度ブラッシングに慣れてくると手首のスナップを上手く使ってブラッシングをするようになるのですが、水雷型はこの動きが非常にやりやすい。効率を良く考えられた形であることが理解できます。毛足が長く、密度が高く、取り回し易い。高品質なブラッシングが効率よくできる。非常に良いブラシです。2020年現在、弱点であった「どこに掛けて収納すればよいのか?」を克服したストラップ付のモデルがあり、弱点が無くなりました。

burashi-hirano.shop-pro.jp

 

江戸屋のブラシ

 平野ブラシと比較しなければ十分な毛の密度と面積があるので効率の良いブラッシングができます。持ち手があるので初心者のうちは水雷型の平野ブラシよりも使いやすく感じると思います。ただ、平野ブラシと比較してしまうと、平野ブラシのほうが圧倒的に早くブラッシングが終わりますし、平野ブラシになれてしまうと江戸屋ブラシの特徴である二段植毛が逆に頼りなく感じてしまいます。経験談ですが、ブラッシングに慣れてくると持ち手を持たずに本体掴んで平野ブラシっぽくブラッシングをするようになりました。

 

普通のブラシ

 江戸屋&平野のブラシと比較しなければ普通です。比較すると、悪い意味で毛が固く、密度も薄いのでやってて気持ちよくないです。ビジネスホテルに宿泊した時にコレが置いてあると気が利いているなと思いますが、わざわざこのエントリを見に来る人では買ってもあまり満足しないのではないかと思います。

 

おススメは、平野ブラシか 江戸屋ブラシか(7年使用してみて)

 最初の1本として考えると「江戸屋ブラシ」がおススメになります。理由はバランスが良いからです。正直、品質だけを考えると圧倒的に平野ブラシが良いです。これは間違いないのですが、では江戸屋ブラシが悪いか?平野ブラシに江戸屋ブラシの3倍の価値があるか(金額差)?と言われると、江戸屋ブラシは良いブラシですし、平野ブラシがいくら優れていても江戸屋ブラシの3倍の価値は無いと思います。だから、この中で1本おススメは?を考えると江戸屋ブラシという判断になります。

 

 ただし、長い目でみた場合はまた違う判断になります。洋服ブラシ自体が一生のうちに何度も購入するものでありません。平野ブラシ2.3万円、確かに非常に高額ですが、十分な満足感を得られるアイテムであることは事実です。時短の効果も無視できません。ブラッシング面積が広ければ日々の時短につながります。7年使用していて思いましたが、このサイズは洋服ブラシというフォーマットでは無理のない最大サイズだと思うのです。これ以上大きくしても、おそらく効率は上がらない。下手すると下がるのではないかという感じすらあります。面積の広さに加えて密度の高さも、1回当たりのブラッシング効率の良さを加速します。よって、長い目で見た場合、最初から平野ブラシを買ってしまうのも十分アリな選択だと思います。実際自分も買い増しをしましたが、結局、平野ブラシしか使っていません。ちなみに、7年間素手で使用していますが、持つ部分はきれいなままです。

  

 日々の洋服をケアすることには明確なメリットがあります。洋服の寿命が延びることもそうですが、なにより清潔感を維持できる点が大きいです。こういうのは習慣化までが大変であり、モチベーション維持のために良いアイテムを使うというのは非常に合理的な判断でもあります。 本エントリが考えるきっかけになり、ご自身にとってより良い買い物ができる事を心から願っております。

 

江戸屋 手植え洋服ブラシ 万能タイプ極上

江戸屋 手植え洋服ブラシ 万能タイプ極上

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

burashi-hirano.shop-pro.jp