なんでもっと早く買わなかったんだモノランキング

【比較】無印良品脇に縫い目のないパジャマからユニクロエアリズムコットンパジャマに乗り換えた話

 

こんにちは。灯(@tumenoakari)です。

 

ちょっと聞いて欲しいんですが!

 

ユニクロのエアリズムコットンパジャマを買ったんです。4着も!

 

それまで使っていた無印良品の脇に縫い目のない2重ガーゼパジャマがとてもよかったんですが、ユニクロのパジャマに乗り換えちゃいました。

 

わたしはアトピーで睡眠の「質」にはこだわりがあるほうなんですよ。 睡眠の質が悪いと寝ている間に掻いちゃいますからね。

 

今回はユニクロのエアリズムコットンパジャマを無印良品の脇に縫い目のないパジャマと比較してみるお話。

 

スポンサーリンク

ユニクロのエアリズムコットンパジャマと無印良品の脇に縫い目のないパジャマ(二重ガーゼ素材)の比較

 

無印良品の脇に縫い目のないパジャマは二重ガーゼのタイプを使っていたので二重ガーゼ素材との比較になります。

 

ユニクロのパジャマで採用されているエアリズムコットンが凄まじい素材

 

無印良品の二重ガーゼ素材が悪いという話ではなく、エアリズムコットン素材が凄すぎるって話です。

 

二重ガーゼ素材は想像しやすいと思います。 すごいふんわりして、よく汗を吸い取ってくれる良い素材です。

 

しかし、ユニクロのエアリズムコットンはその上を行く素材と言っても良いと思います。

 

生地自体は二重ガーゼ素材よりもやや厚地。 汗をかくかな?と思いきや、残暑の季節でも二重ガーゼ素材のパジャマとの差を感じませんでした。

 

今更エアリズム素材についての解説は不要でしょう。ユニクロが誇る高機能繊維です。 主に肌着で採用される快適素材なのですからパジャマ向きなのは考えてみれば当たり前です。

 

エアリズム素材の弱点は「安っぽさ」なんですが、エアリズムコットン素材は「安っぽさ」は無く、逆に「高級感」がある仕上がりなのです。(生地の表にコットン糸、裏にエアリズム糸がでる織り方の生地なので、機能性と高級感の両立ができるチート素材)

 

これは二重ガーゼ素材では絶対に出せない高級感です。

 

ルームウエアとして品の良さが出ます。なんだかか海外のセレブが着ている明らかに高そうなやつ。あんな感じです。

 

同程度の快適さで見た目が良いという理由でエアリズムコットン素材のほうが良いと思いました。

 

どちらの素材も実際使ってみて静電気は発生しませんでした

 

エアリズムコットン素材が優れていても化学素材であることは事実です。

 

寝具で化学素材。気になるのは静電気問題ですが、実際使ってみた感じ、静電気は感じませんでした。

 

わたしはかなり神経質なほうなのですが(それゆえ、お試しで1着買って、大丈夫と判断して4着買いました)、静電気は感じませんでした。

 

エアリズムコットン素材は乾燥機にかけてもしわにならない素材

 

わが家の洗濯は全自動洗濯乾燥機です。 洗たくから乾燥までやります。 毎回例外なくこのコースです。

 

エアリズムコットン素材の管理方法としてメーカー非推奨、不適切な方法と思いますが、自己責任で乾燥機にかけてしまっています。

 

この洗濯方法で何度も管理していますが、特に大きな問題は発生していません。

 

それどころか、しわにならないことに驚いています。

 

メーカー非推奨と思うので大々的に宣伝はしませんが、管理はマジで楽です。

 

「脇に縫い目のある/ない」は差を感じない出来

 

正直、個人的に、無印良品のパジャマとユニクロのパジャマで一番気になっている部分です。 脇の縫い目。

 

結論、気になりませんでした。 というか、差が実感できませんでした。

 

先ほども言いましたが、わたしはかなり神経質。 スエット上下でベッドに入ると眠れずに脱いでしまうくらい神経質で、無印良品のパジャマに出会うまでずーっとより良いパジャマを探し続けていたくらいなのですが、そんな私が差を感じなかったので、よっぽど神経質な人じゃない限りは大丈夫と思います。

 

価格差が1000円もある。 エグイ!

 

最後の一押しポイントですが、価格差が1000円もあります。 エグイ。

 

・無印良品のパジャマ 3990円
・ユニクロのパジャマ 2990円

 

正直、スペックを考えたらユニクロのパジャマのほうが高くなくてはいけません。 しかし、現実はユニクロのパジャマのほうが安いのです。

 

なんでだろうと考えて気づきました。 販路と量が価格差になっているのでしょう。

 

ユニクロのパジャマはオンライン専用商品です。 店舗での維持管理コストが発生せず、在庫管理も容易(過剰在庫を極限まで削減できる)。

 

さらに、ユニクロは洋服屋、無印良品はなんでも屋(笑)です。 ユニクロのエアリズムコットン素材はTシャツ等にも使われているので、このあたりは構造の差なのでしょう。

 

無印良品の商品が悪いという話ではなく、ユニクロが凄すぎるというお話と思います。

 

今年かったモノで上位に来るくらいお気に入りの買って良かったパジャマです

 

ユニクロのエアリズムコットンパジャマは今年買ったアイテムでも最上位クラスに良かったと思っているアイテムです。

 

じぶんの分だけではなく、家族全員分そろえましたもの。

 

昔は化学繊維毛嫌いしていまして。天然繊維サイコーって思っていたんですが、化学の進化というか、時代の流れって凄いですね。 ホント良い素材と思います。

 

やっぱり、定期的に新しいモノに触れていかないといけませんね。こういう感動を味わえたの久しぶりです。

 

というわけで、パジャマのお話でした~~!

 

UNIQLO

コメント

タイトルとURLをコピーしました