過去のじぶんに大クレーム!『もっと早く買えばよかった』モノランキング!

ブラーバ380j+市販シート+マキタの掃除機=ルンバ不要! キューブなしでもいい感じ!花粉症対策やジェットとの比較も含めて解説します!

f:id:tumenoakari:20200205102525j:plain

実際に使ってみた結論、基本の床掃除をブラーバ380jに、気になるところをマキタのスティック掃除機に任せるといい感じになりましたので、その理由を解説します。

 

スポンサーリンク

ブラーバ380jとは何か?

床拭きロボットです。ブラーバにはいくつか種類があって、タンクに水を溜めて噴射できるJet、Jetの機能+Wi-Fiでスマホやスマートホームに対応した上位モデルなどがあります。ブラーバ380jは、最廉価グレードのモデルになります。 ※現在は後継品の390jとなります。

ブラーバの何が良いのか

拭き掃除なので、ルンバと比較して圧倒的に静かなこと、ウェットシートが使えるので拭き掃除ができ、床がすごくきれいになること、クイックルなどに代表される、市販のお掃除シートが使えることが大きなメリットです。

静かであることのメリット(時間の縛りが無い)

ルンバ系のお掃除ロボット使ったことがある人ならわかると思いますが、ルンバ系は基本的に掃除機なので、掃除機相当の音がします。うるさいということなので、掃除するタイミングがこれに縛られます。対して、ブラーバは拭き掃除。雑巾がけって音しないですよね?ブラーバは全くの無音ということではありませんが、仕事終わり、家に帰ってきて床の汚れが気なった時動かしてもOKと思えるレベルの静かさです。

拭き掃除のメリット

拭き掃除のメリットを ①からぶき ②水ぶき それぞれの分けたほうが理解しやすいです。

からぶきのメリット(ルンバが必要なくなる理由)

単純に掃除機の代わりです。これがルンバ要らなくなる理由です。市販のからぶき用シートには優秀なモノがおおく、稼働後のシートを見るとルンバ稼働させた時と変わらないくらいのほこりや髪の毛が確認できます。流石に部屋の隅々までとはいきませんが、それはルンバも同じことです。どちらにしてもスティックタイプの掃除機でフォローするのなら、あえてルンバを稼働させる必要がなくなりました。

クイックルワイパー フロア用掃除道具 ドライシート 40枚

クイックルワイパー フロア用掃除道具 ドライシート 40枚

  • 発売日: 2013/10/11
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品

水ぶきのメリット

強力に床がきれいになることです。裸足であるくと明確にわかります。ブラーバ380jは、からぶきモード、水ぶきモードの用意があり、水ぶきモードは人間が雑巾かけるのと同じように同じ場所を複数回拭くような動きになっていますので、思っている以上にきれいになります。

市販のお掃除シートが使えるメリット

使い捨てにできる事がメリットです。専用品ではない為、クイックルワイパー用などの高機能品や、薬局で売っている安いやつや100均のシートでも使えます。クリーニングクロスという専用の布がセットであるものの、これを洗ったりする管理が面倒です。選択肢があるというのは明確なメリットです。

ブラーバジェットとの比較

水が噴射できるかどうかが大きな差別要素です。380jは水が噴射できませんが、「噴射ができない=シートが乾く」ではありません。380jも、ウェットシートやウェットクロスを挟むところに水を入れておけるタンクがありますので、使用中に乾くことはないです。私の使い方(別に普通の使い方ですよ)だと、これで十分でした。ジェット必要ないです。また、380jの水入れるタンクに機械的な要素が無いため、故障に強いというメリットがあります。

ノースキューブなしでも使えるのか?

問題なく動きます。あったほうが良いらしいですが、違いがわかりませんでした。

f:id:tumenoakari:20200205102521j:plain

電池が単二というやや用意し辛いタイプのモノで、単三を単二に変換するアダプターで使おうと思いましたが、電源が入りませんでした。素直に単二を用意する必要があると思います。

バッテリーについて

バッテリーが売っています。バッテリー交換ができるので、バッテリーの寿命=ブラーバの寿命ということにはなりません。

【隠されたメリット】花粉の時期に大活躍!

拭き掃除の隠されたメリットとして、ほこりを巻き上げにくいというものがあります。特にウェット。これは花粉の時期に大活躍間違いなし!

まとめ

実際に使ってみて非常に良いアイテムでした。割と、食洗器なみに生活変わったので、非常におすすめのアイテムになります。ルンバかブラーバか迷ったら、私ならブラーバ買って、仕上がりの甘い部分をマキタのスティック掃除機で対応する運用にします。今のところ、これが一番良い運用だと思って、実際にやっています。

あらかじめ、ロボット掃除機の活用を前提とした部屋作りをしておくともっと効果高いです。

 

スポンサーリンク
この記事を書いた人
灯

『過去にタイムスリップする予定があるので、その日のためにカンペを作っておこう!』

をテーマにブログ楽しんでいます!

Twitterフォローで更新通知が配信されます!
日用品費
スポンサーリンク
Twitterフォローで更新通知が配信されます!
ツメノアカリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました