爪ノ灯

「やりたいこと」なんてわからないけど、『やりたくなこと』は明確だ。サボる技術はそんなあなたの力になります!

【元スーツ販売員おすすめ!】「洋服の青山」の凄さ!取り扱いアイテムの違いを知ろう!知っておきたい青山のヒミツ。

f:id:tumenoakari:20140515141748j:plain

 

 洋服の青山とヒトクチに言っても、都心にある洋服の青山と郊外にある洋服の青山では明確に品ぞろえが異なります。この差を知っておくと、思わぬ掘り出し物に巡り合うことがあります!

 

 

郊外店と都心店

  冒頭で申し上げた通り、都会にある洋服の青山と、地方や郊外にある洋服の青山では商品のラインナップが異なります。都会にある店舗、より具体的に、客数や売り上げに恵まれた店舗には「その店舗限定のアイテム」が存在し、これがまたセレクトショップ顔負けのアイテムなことがありました。 例えば、有名セレクトショップと全く同じ生地を使用したスーツが、セレクトショップの半分の値段で売っているなんてのは割と良くあります。もちろん、型紙まで全く一緒ということはありえないので、シルエットが気に入るかどうか、自分の体にフィットするかどうかという問題はありますが、非常にお買い得な買い物ができるチャンスがあります。

  

サンプル商品の存在

 中でも、サンプル品っぽい商品が入ってくることがあり、これがかなり良コスパの商品でした。おそらく、生地屋に残った少量の良い生地を買い付けて、ある分だけで生産した商品だと思います。 掘り出し物感満載の商品であるがゆえに、販売する側としては、何か問題があった時に返金以外の対応が困難な、そういう意味でちょっとネガティブなアイテムでもありました。 洋服は丈詰めたりする「お直し」をやって販売することがありますので、万が一ではありますが、常にリスクがあったのです。

 

郊外店にサンプル品が回らない理由

 こういった掘り出し物的な買い物が楽しめるのは大都市ならではの特権だと思います。逆に、なんで地方や郊外店でこういうアイテムを見かけなかを考えるとわかりやすく、単純に「捌けない」から。これは客層と客数の違いで、郊外店にお越しになるお客様はコンサバティブな、具体的には無地に近い黒/濃紺/濃いグレーの、いわゆる定番スーツが良く売れる構成な上に、客数自体も少ないので「売り逃し」ロスが非常に痛いので、限られた売り場にベーシックなアイテムをサイズ欠け無しで揃えておきたいという考えがあるから。たしかに掘り出し物系のアイテムがちょっと並んでいると、売り場が楽しくなることは間違いないのですが、残念ながら置いておく余裕が無い上に、性質上結果が出ないので、対応できる大型店に配置されるということです。

 

洋服の青山の系列店と合理的経営についての考え方

 もう一つ知っておきたいことが、系列店の情報です。洋服の青山は「THE SUIT COMPANY(ザスーツカンパニー)」や「UNIVERSAL LANGUAGE(ユニバーサルランゲージ)」等、別ブランドの販売チャネル、別ブランドの店舗を運営しています。 「洋服の青山」も「THE SUIT COMPANY」も「UNIVERSAL LANGUAGE」もスーツの販売チャネルになりますが、それぞれターゲット層が違います。だから複数のチャネルをもつわけですが、その中でも「洋服の青山」は買いに来る年齢層の幅がダントツで広いです。新社会人から定年近いベテランまでが洋服の青山の顧客なのです。

 

 いっしょに推理してみましょう。皆さんが「洋服の青山」グループの経営者だったとして。経営の合理化を考えた時に、例えばスーツの生地を生地メーカーから購入するときに、グループ全体のボリュームで買い付けしたくないですか? ある程度はブランドごとの方向感に差を設けることは必要ですが、逆にある程度は共通の型紙を使ってスケールメリット出したいなと思ったりはしませんか? ほかのアパレルブランドで「タグだけ違ってモノは同じ」という事例があることをどう思いますか?

 

 業態的に価格競争を強いられているという事もありますが、洋服の青山はセールも良くやっており、割引クーポンの発行や、2着目の割引、下取り割引などもあります。これは賛否両論ありますが、スーツ着て働くサラリーマンだと割とメリット出ることが多く、この買い方をする場合、他の洋服の青山系列のブランドの店舗で買うよりも総額が安くなる場合が多いです。その上で「青山カード(クレジットカード)」の割引まで適用されます。

 

まとめ

 正直、やや「オワコン」感があるのは否定しませんが、おしゃれに興味がない人にとっては、店舗数が多く、入店しやすく、品質も十分で、価格もそれなりという良いバランスはまだ維持していると思います。しまむらの例もありますし、昔働いていた者としては、郊外店舗の強み、都心店舗の強みを活かしていただき、新たなイノベーションとともに復活してくれることを願っています。

  

www.tumenoakari.com