爪の灯

元スーツ販売員が、ファッショナブルに節約を楽しむ系のブログです。コスパとは、商品価格だけで決まるものではない!

おっさん視点。食器洗い乾燥機を高額で導入した話。設置に高額をかけた、賃貸、狭いキッチン、シンクにはみ出すという条件でも「買って良かった」という話。

f:id:tumenoakari:20180701184550j:plain

 

 言いたいことはタイトルの通りです。自分で設置しようとして失敗して。無駄な費用をかけて導入したものの、その便利さに満足しているというお話。

 

 まず、今回買ったもののリストと、当時の価格。

 

 1.パナソニック 食器洗い乾燥機 プチ食洗 NP-TCR4-W ホワイト → 54,616円
 2.スーパー モーターレンチ MF230  →1,158円
 3.パナソニック コンパクト食器洗い乾燥機専用置台Panasonic N-SP3 →3,700円
 4.パナソニック 分岐水栓 食器洗浄機用 CB-SXH7 →8,226円

 5.IPS ソフトタッチワイド 270mm WL-270S →2,674円 

 6.水道屋さんに助けてもらった費用 →20,000円弱

 

 ざっくりトータル89,000円くらい。

 

 うまくやれば5~6の出費がなくなってもっとリーズナブルにあがったのだが、結局、どうにもならなくなって水道屋さんに助けてもらった。その時に聞かれたことで印象に残っていることは「築年数」。なんでも、建物の古さとかで対応の難易度が変わるらしい。水漏れとかシャレにならないので、ちょっとでも不安ならプロに任せてしまうのが安全だと思う。で、導入して、運用してみた感想なのだが買って良かった。もっと早く導入するべきだったというもの。ロボット掃除機機と同じで、最初は「邪魔」とか、「手洗いで十分」とか「プチだとたくさん洗えないからいらない」とかあったが、やっぱり丸々任せてしまえるメリットは非常に強かった。

 

 場所の確保にも苦労したけど、開き直って、専用の台(板)買って、シンクにはみ出る感じで設置してみて、無理が出たらオーダーの食洗器台(棚っぽいやつ)買おうと思っていたが、冒頭の写真程度のはみ出し具合なら特に問題なく運用できた。※自己責任。

 

  そこそこ高温のお湯&食洗器用の洗剤(強い)で洗う為か、「手洗いよりきれい」は嘘じゃない。ただし、ちゃんと食器を並べることが前提なので、洗い残りはまぁ発生する。これは入れ方慣れると発生率は下がる。けどゼロにはならない。しかし、洗いなおすのも機械なので、食器の数が十分にあり、「どうしてもその食器を使いたい」という事が無ければそれほど気にならない。食洗器使うの初めてなので多機能のモデルを買ったがスピーディーコースしか使っていない。このスピーディーコースが良い。超良い。30分で運転が終了し、十分きれいになっているうえに、お湯使っているから、運転終了後、ドア開けておけば結構すぐ乾燥する。というか、30分以上じゃぶじゃぶ音出されても困るので、これで十分じゃないと困る。後述のように、出かける前にスイッチオンみたいな運用なら気にならないが。あともう一つ、食洗器入れてよかったことに、手洗いだと洗いにくい複雑なものが洗いやすくなったという事がある。とりあえず庫内に入れてスイッチ押したらきれいになっている快感。ダメでも別に損しないし。総合して、好きな食器を気兼ねなく使えるというのはストレスフリーでとても良い。

 

f:id:tumenoakari:20180701195403j:plain

 

 ついでに食洗器用の洗剤の話。液体、ジェル(塊になっているもの)、粉と使ってみたが、粉が良かった。分量調節できるし。画像のような容器が100均や無印良品で売っている。キャップに必要な量を出すタイプ。目印の線を引いておくと、手を汚さずに適量を食洗器に洗剤投入できて便利。食洗器はお湯を使うため、粉も液体もとけ残りに差は無かった。よって、こぼしたときに処理が楽な粉洗剤を常用しているという事だ。こういう部分でもストレスフリーを考えておくと、諍いが少なくなって良い。

 

 これも家庭円満システムの一つだと思っており、気分というか、モチベーションというか、こういったものに効果があると思っている。なんだか謎なのだが、例えば、食器洗いに10分かかるとして。食洗器に丁寧に食器を並べるのも10分かかるとして。前者はイヤなのだが後者ならまぁやっても良いかなと思う謎マインド。ほおっておくと仕事が終わっているという事が何だか良いのだろう。このあたり、ロボット掃除機と同じ感じ。仕事行く前にスイッチ押して、帰ってきたらできている。これは感動的なのである。

 

 

www.tumenoakari.com

 

 

 

 

 

 

 

 

本格靴、靴底にハーフラバーを張るのはどうなのか?考察。機能的にもかっこよさ的にも張るのが正解だと思うという話。

f:id:tumenoakari:20180618183238j:plain

 

 手持ちの靴をメンテナンスしていて気が付いた。買ったときは全部レザーソールだったのに、8~10年履いてたら全部ハーフラバーになっていたことに! で、なんでそうなったのか考えてみたら、機能性とかっこよさを兼ね備えた仕様だからであると思った。レザーソールの本格靴でよくある論争に「ラバーを張るか、否か」というものがあるのだが、割と見当違いなお話なのではないかと思っている。「張らない派」のメリットがあまりメリットしていないと思うからだ。ちなみに大前提として「日本国内で一般人が革靴を履く」という事を前提にしています。

 

 それぞれのメリット・デメリットを雑にまとめてみると、

 

【張るメリット】

 滑り止め

 多少水に強くなる(雨の日にがんがん履ける靴になるという意味ではない)

 耐摩耗性UP

 かっこいい

 

【張るデメリット】

 通気性ダウン

 見た目が悪くなる

 音が良くなくなる

 

 こんなところか。で、これ、デメリットがデメリットしていない気がするというか、何というか。まずデメリットを考えてみる。

 

 「通気性ダウン」だが、これは明確なデメリットであると思う。デメリットであるとは思うが、靴の下部(底)からの通気量ってどんなもんなのでしょうね? 靴の製法などによって変わってくると思うので何とも言えないのですが、到底張るメリットを覆せるとは思えず、また、「靴内の通気性だけ」を改善したいのならば、定期的に脱ぎ履きしたほうがよっぽど効果的だと思う。定期的に靴下変えるとか超効果的(靴を履き替えられないときのテクニック!)。 逆に、24時間靴履きっぱなしチャレンジレベルの運用をする場合、焼け石に水な気がする。革底の状態で数年運用したことあるけれども、普通に蒸れる。多少マシかなと思うわなくもないが、誤差レベルな気がする。また、後述のメリットでも触れるが、革底がストレス要因となっている場合、ストレスによる発汗UPで帳消しになる気もするので、これの個人的な結論は「通気性ダウンは確実にデメリットであるが、気休めレベル」である。

 

 で、残る「見た目が悪くなる」と、「音が良くなくなる」は現在では見当違いだと思う。まず音についてだが、音を、「靴と床が当たった時の音」カツカツというドラマティックな音のことだとすると、こんなもの、地面の影響を受けるに決まっているので、音の話をするのなら、「靴底と床材の最適な合わせとは何か?」になる気がする。極論、条件がぬかるみなら、長靴も革靴も変わらずちゃぷちゃぷ鳴るし。ラバー張ってもきちんとカツカツ音なるところあるし、歩き方もあるしで、機能のメリット・デメリットの話に組み込む内容では無い気がする。楽器じゃないんだし。もちろん、ラバー特有のキュッキュなる、不快なタイプの音がしちゃうのであれば問題だが、これはたぶんラバーの品質の話だと思うし、歩き方の問題も絡んでくると思う。

 

 「見た目が悪くなる」に関しても同じ。革底の美しさは認めるところである。あれはテンション上がる、工芸品的な美しさが、確かにある。しかし、修理をするレベルの靴ならば実用の道具でもあるはず。となると、比較対象になる靴底は傷がついた状態の靴底とするのが適切だと思う。傷だらけの靴底が美しくないとは言わないが、これは用の美の美しさだと思う。そして、用の美の美しさなら、ハーフラバーも同じようなものではないかと思う。そのうえで、ちゃんとデザインされた、しっかりとした技術で張り付けられたラバーと比較するべき内容ではないかなと思う。個人的には『傷のない状態の靴底をアピールする局面』でない限り、大差ない項目だと思っている。

 

 つぎにメリットを見直していきたいと思うが、「かっこいい」以外は読んで字のごとくなので省略。ここで特にアピールしたいのは「ラバー張ったほうが格好いい」という主張である。かっこいいとはどういうことか。余裕があることである。(大雨は別として)多少の天候を気にせず、自分の好きなものを選べる余裕、ぬれた大理石の床であたふたしない余裕が、かっこいい大人なのだと思う。

 

 逆を考えてみると良い。

 

 わかりやすく誇張するが、ちょっと雨が降ったくらいで狼狽え、濡れた床で滑って転び、パット見、いい感じの見た目だが実は靴の中びちゃびちゃで、ストレスフルな人をかっこよいと思うのか?という話である。※ストレスでかく汗はくさい。

 

 まぁ、ここまで書いておいて何なのだが、「革底の状態がエレガント」という事自体は否定していない。たとえそれが傷のついている状態でも。上述の通り、メリット&デメリットの要因は「見た目と水(雨)」に集約するため、「見た目が重要な場である事」&「水(雨)が影響しない場である事」に履いていく場合、革底の靴が良いという事になる。パーティとか、重要なプレゼンする日の権威付けとかには適しているので、自分自身で良し悪しを消化したうえで、おいしいとこ取りをするのが良いと思います。

 

 ↓尚、基本的に筆者は革靴で仕事をすること自体に対して何だかなと思っています。(でも革靴やスーツはかっこいいから好き。)

 

www.tumenoakari.com

 

  ↓シャツの下に着る肌着も、ズボン下も同じ考え方。

 

www.tumenoakari.com

 

 

 

www.tumenoakari.com