バカバカバカっ!早く買わなかったことを後悔したヤツら【ココ】

夫婦のマンネリ解消にラブホテルデートをした結果レポ

 

夫婦生活がマンネリ化してきました。

 

まぁ、結婚してから5年、6年経過してずっとフレッシュってレアだと思うんです。

 

恋人同士というよりも家族の感じが強くなってきます。

 

こういう時に、非日常を取り入れて気分転換し、マンネリ化の解消することを検討すると思います。

 

旅行に行くとか。

 

ただまぁ、月に1回旅行にいくとか、休みの調整やお金の問題が重すぎて現実的ではありません。

 

そんな中、カジュアルに非日常体験できるホテルデートを試してきたのでそのレポになります。

 

スポンサーリンク

金曜日の夜にホテルに宿泊する

 

今回やってみたホテルデートは金曜日の夜にホテルに宿泊するというもの。

 

仕事が終わった後に待ち合わせをして、一緒に外食して、ホテルに宿泊するというコースです。

 

ホテルは何でもよいです。 ラブホテルでもビジネスホテルでも。

 

ラブホテルならラブホテルなりの設備と環境を楽しみ、ビジネスホテルならビジネスホテルなりの設備と朝食バイキングを楽しむって感じです。

 

金曜日の夜にホテルに宿泊するというのがポイントです。

 

ビジネスホテルなら勤め先の近所にありますから「いつも利用しないところを利用する」非日常感と交通の利便性があります。

 

意外と「普段利用する街を普段と違う形で利用する」というのは癖になります。

 

深夜、早朝とか。 いつもの街のしらない時間は新鮮です。

 

裏の顔しってるぜ感というか、シティーハンターみたいなハードボイルド感というか。

 

休みが1日多く感じる

 

金曜日の夜にホテルに宿泊すると、感覚的に休みが1日増えたようになります。

 

金曜日の「帰宅」時間が無くなり、代わりに仕事終わりの待ち合わせからウインドウショッピングや居酒屋での食事をすることになりますので自由時間が長く取れます。

 

居酒屋など外食するので、食事の準備や家事の時間も無くなり、自由時間が長くなります。

 

ホテルに宿泊するので気兼ねなくお風呂が使えます。 ラブホの豪華な湯舟やビジネスホテルの大浴場が使えるので、風呂掃除の手間などが一切ない状態で癒しの体験ができます。(あとの風呂掃除が無いだけで精神的な癒され感がまったく違いますw)

 

そして、次の日にそのまま遊びに行けるので、移動時間が大きく節約できます。

 

ビジネスホテルに朝食ビュッフェがあるなら最高ですし、なければ無いで、朝マックや喫茶店のモーニングを狙うなど、引き続き「これだけやるにはチト重い」タイプの体験につなげることが出来ます。

 

チェックアウトの時間的に、土曜日の過ごし方がアクティブになる

 

金曜日にホテルに宿泊すると休みが1日延びた感がありますが、土曜日の過ごし方がアクティブになるのも見逃せません。

 

ホテルにはチェックアウトの時間がありますので、1日中寝て過ごすが出来ないんですよね。

 

すると、時間までに身支度してホテルを出る動きになるのですが、そのまま家に帰るのがもったいなく感じてしまい、ついでにどこか軽く見ていこうか、ってつながりやすいです。

 

定期券内~ちょっと足を延ばすくらいの範囲で遊んで帰ることになります。

 

不思議なもので、普段まわっているような場所でも、出発地点がホテルってだけで「旅行感」が出るんですよ。

 

これ、やってみたことがあるい人ならめちゃくちゃ伝わると思うんですが、なんだか新鮮なんです。

 

捉え方次第で見え方が、感じ方が変わるってあるんだなぁっていうのをカジュアルに実感できる方法だと思います。

 

気軽にできるマンネリ解消として超おすすめ

 

これ、ほんとおすすめ。

 

非日常感ありまくりでマンネリ解消できますよ。

 

豪華旅館に宿泊するわけでも無いし、交通費も通勤圏内なのでコスト的に非常に取り組みやすいです。

 

ホテルはランクによりますが、1万円~1.5万円くらいですし、クーポンや事前予約など安くする工夫をする余地があります。

 

あとは食事代、居酒屋代くらいです。

 

金曜の夜と日曜日にゆっくり休めるのもポイント高いです。

 

普段の生活に無理なく差し込むことが出来るのが非常に良いです。

 

これをやる前までは、家に帰れば済むことに、宿泊代をかけるなんてもったいないと思っていましたが、気分転換や非日常感、脱マンネリを甘く見ていたと思います。

 

こういう「整え方」を知っているのといないのとでは、恐ろしいくらいの差があると理解できました。(たぶん、離婚率とか変わってくると思いますw)

 

わたし的には超満足、良いお金の使い方だったと思っていますが、妻はもっとハマっていたので、定期的に「整え」ようと思いました。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
灯

大手では取り扱えない、ちょっとニッチな情報を楽しくまとめたブログ「ツメノアカリ」を運営しています('ω')ノ

Twitterフォローで更新通知が配信されます!
遊興費
スポンサーリンク
Twitterフォローで更新通知が配信されます!
ツメノアカリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました