爪の灯

元スーツ販売員がプロ独身貴族視点で、ファッショナブルに節約を楽しむ系のブログです。

ミニマリストの財布の決定版!?「所作(syosa ウォレット2.0)」の財布を買ってみた!使い勝手とフォトレビュー!ちょっと変わった財布をつかいたいならコレで決まり!

f:id:tumenoakari:20170211183328j:plain

 

 「財布ジプシー」ってあると思うのですよ。いろいろ財布を試してみてもいまいちしっくりこない。ブランド財布や札入れ&コインケースのコラボとか、いろいろ試したのですが、そんな私が今落ち着いている財布が、実用性と変態感を兼ね備えた「所作」の財布なのです。

 

f:id:tumenoakari:20170211183329j:plain

 

 まず実用性。メンズ財布における財布的実用性は二つ折り財布択一でしょう!男はカバンを持たない日があるので、コンパクトにまとまる二つ折り財布のアドバンテージは大きい。そしてアクセス性。コンパクトさなら三つ折り財布とかありますが、個人的に財布にスナップボタンとかついてるの嫌いなんですよね。まぁ好みの問題なのですが、厚みと、面積のバランス考えたら二つ折りの財布に帰結するのです。

 

 札入れとコインケースも中々よかったのですが、どちらかがカバンの中で迷子になることが多く、やっぱりコインケースは財布にくっついていたほうが良いなぁというのが使い続けた正直な感想。当たり前のことといえば当たり前のことである。

 

 綺羅星のごとくさまざまな二つ折り財布の中から、あえてこの「所作」を選ぶ理由は変態感すごいからだと思ってる。

 

f:id:tumenoakari:20170211183331j:plain

 

 和のこころというか、この「包む」という概念。お金を財布に入れるのではなく「包む」というのが一周まわって新しい。こういうの好き。

 

 1枚の皮を折りあげて、ボルトで止めるだけの簡素なつくりも気に入りました。折り紙的な。下手に桜の柄とかで「和」押ししている財布よりも、「所作」という名前、折り紙的要素、姫路メイド、包むという概念、こういう方向性で日本感を出してくるセンスにやられた次第です。

 

f:id:tumenoakari:20170211183330j:plain

 

 実用面が中々充実していたのも強い。こういう作りなのに、コインケースにしっかりとマチをとってあったり。

 

f:id:tumenoakari:20170211183323j:plain

 

 カードケースに「かぶせ」ができる細工がしてあり、免許証などが露出しない心づかいがあったりと、高性能。これを折りの工夫でやっているのだからすごい。ミニマリストはこういうものを選択するべきだと思う。

 

f:id:tumenoakari:20170211183327j:plain

 

 包装はこんな感じでした。ちなみに製法上、縫い目すらありません。

 

f:id:tumenoakari:20170211183333j:plain

 

 必要なものを入れきった状態がこのくらい。普通の二つ折り財布と同じくらいかなと思う。この財布の特徴である「かぶせ」は個人的に心地よい。きちんと包まれている感があり、財布から抜け落ちない安心感がある。ほら、二つ折りの財布のど真ん中に何かをとりあえずで挟んでおくことって稀に良くあるじゃないですか?そういう時安心。

 

 まぁ、良いことばかりではなく、きちんと問題点もあって、コバ(革の端の処理)が革切りっぱなしなので汚れに弱い事、芯が無いため、中に入れたものの形が悪い意味で反映されやすい事などありますが、これらは「ナチュラル」という素敵な言葉でケアできる。黒色(か紺色)買っとけばよかった感ありますが、良心的な価格設定だったことと、風水的な要素を取り入れてみようという気分だったため、キャメルをチョイス。半年くらいかな?使っていますが、全体的に色が濃くなったくらいでまだ綺麗の範疇だと思う。

 

 超絶、好みの分かれるタイプの財布だと思いますが、それ故に刺さる人にはクリティカルに刺さる財布であり、色、柄、種類も豊富なため、自分用、プレゼント用ともに、選択肢の一つとしてみるのも面白いと思います。

 

 ↓買ったのはこれだけど

所作/ショート・ウォレット2.0 キャメル

所作/ショート・ウォレット2.0 キャメル

 

 

↓ロングもある 

所作/ロング・ウォレット ブラック

所作/ロング・ウォレット ブラック

 

 

 

進化した「メーカーズシャツ鎌倉」を体感せよ!久々に鎌倉のシャツを買ったら感動した話。夏の主役であるシャツ。この値段でこのクオリティは良い意味で頭おかしいと思った話。

f:id:tumenoakari:20160618223130j:plain

 

 昔よく買い物した『メーカーズシャツ鎌倉』が、名古屋駅にある「大名古屋ビルヂング」にある!という事で久々に買ってきました!

 

f:id:tumenoakari:20160618223134j:plain

 

 久しぶりのお買い物だったのですが、「シャツに胸ポケットがないのが標準になっている!」のに衝撃を受けました!東京を離れて名古屋に来てからチェックしていなかったので(大名古屋ビルヂングができるまで名古屋に鎌倉シャツ無かった)びっくりです!

 

 なんでも、海外展開したときに、外人さんから「なんでシャツにポケットがついているんだ?」というクレームをもらったのがきっかけだとか。オーナーの貞末氏もポケットがない事がスタンダードである事は認識していたのだが、日本市場に合わせてポケット付きで販売していたのだそう。が、世界に通用するシャツを提供するという理念に立ち返り、「スリム」ラインでのみ、ポケットレスに踏み切ったのだとか。これは英断だと思います。個人的趣向も盛り盛り入った感想ですが、日本市場の売り上げ減少リスクに勇敢に立ち向かった結果だと思います。個人的にはこの路線を続けてくださる限り、買い支えようと思っています。

 

 →ポケット論争 | 貞末良雄のファッションコラム | 貞末良雄のファッションコラム | メーカーズシャツ鎌倉

 

f:id:tumenoakari:20160618223137j:plain

 

 で、ポケット以外の部分なのですが、「秀逸」のヒトコト。コストダウンの為、強烈に凝った仕様(意味不明な2重襟とか)のシャツを買い求める層には向かないラインナップですが、襟のキーパーがちゃんと取り外せたり、ノータイスタイルにしたときに襟もとが「自然にかっこよく決まる」フラシ芯(だよね?)を使用していたり。

 

f:id:tumenoakari:20160618223140j:plain

 

 使っているボタンがちゃんと貝ボタンだったりと、手抜きがない、綿100%の良質なシャツだと思います。貝ボタンも襟もとの自然な感じもクールビズで差がつくポイントなので、かなりコスパの高いアイテムだと思います。アイロンの手間をかける価値があるかっこよさ。袖、襟の芯地が多少アイロン手を抜いても「良い感じのくったり感」を演出してくれる仕上げであり、「自然(これ超ポイント高い)」な格好よさがこの値段(5000円)で手に入る。良い意味で頭おかしいモノ作りをしているメーカーだと思います。

 

f:id:tumenoakari:20160618223127j:plain

 

 無駄だとは思いながらも、やっぱりこういうきれいな紙袋に商品入れてもらうと、「良い買い物した」感が増幅されますよね。いつもネットで買っていたので。冒頭の写真にある緑色の布はハンカチです。東京にいたころに結構買い物していたので、ポイントカードがワンランク上のシルバーなんですよ。で、シルバー特典として買い物したときにたぶんシャツ生地でできたハンカチを1枚もらえるのです。そもそもが安いのに、ポイントサービスや粗品サービスとか大丈夫かな?って思ってしまうのですが、そう思うなら買い支えよう、行動しようっていうのが良い大人の在り方ですよね。頑張ります。

 

 シャツと一緒にニットタイも買いました。ネクタイのセンスも良かったですし、ネットでの買い物と異なり、「現物合わせ」ができるのもリアル店舗で買い物する強みなので、また買い物に行きたいな!と思いました。

 

 参考→某洋服の青山で購入した、3枚1万円のシャツをワンランク上げる方法!と、このレベルのシャツのコスパ論。 - 爪の灯