爪ノ灯

「やりたいこと」なんてわからないけど、『やりたくなこと』は明確だ。サボる技術はそんなあなたの力になります!

人生でかかわってはいけない、たった一人の相手

f:id:tumenoakari:20200326141247j:plain

 

 

 

 結論:相手を下げることで自分を上に見せる相手にはかかわってはいけない

 人生で見かけたら絶対かかわってはいけない相手とは、相手を下げて自分を上に見せる人です。何故なら、この手のタイプは「攻撃をしつづけてくる」からです。

 

自分が良くなる努力を放棄している

 健全な状態とは何か?を考えると、努力して成果を出して評価を得ることです。そして、成果が出ることと健全な努力をする、しないは別問題です。 相手を下げることに対する努力は不健全であり、これに腐心するようではいけません。

 

努力の範疇には、自分が活躍できる場所へ転身することも含まれている

 精一杯正しく健全な努力をしても結果が出ない事は有ります。向き、不向きや時の運というのは絶対にありますから、自分自身の努力だけではどうにもならないことはあるのです。

 

 評価について真剣に考えると、評価というのは比較であり、比較にはモノサシが使われます。今の環境で自分が評価されない、努力が報われないと感じるのであれば、違うモノサシの環境に移るというのも健全な努力です。

 

 それでも今の環境で評価を得たいという思いや考え方を否定するわけではありませんが、この努力を怠り、相手を下げて良い理由にはなりません。相手を下げて得た評価にどのような価値があるかを考えれば理解できると思います。

 

まとめ 実績がない高位役職者に要注意

 明確な実績が無いのにやけに高位の役職についている人を見かけたことはないでしょうか? そういう人が発生するメカニズムのひとつがこの記事の内容になります。

 

 この手のタイプは、上述の考え方、価値観を持っている可能性があります。冒頭の結果で書いた通り、あなたがターゲットになってしまうと、相手としては踏み台であり続けてくれることを望みます。

 

 そして、なるべくなら「それなりの能力や価値のある人」が踏み台になってほしいと思うのです。考えてみれば明らかで、それなりの能力や価値が無い人を踏み台にしても意味がないからです。

 

 これは頑張って努力して進んでいる人がターゲットになりやすいという事です。

 

 周りの人を信頼して、協力して仕事や生活をしたいというのは誰もが思う事ですが、世の中にはこれを食い物にするような人が居るという事は理解しておく必要があります。あなたの努力が適切な結果、評価に結びつき、報われるために、そういう可能性がある人に注意を向けておく、気を付けておくという考え方を持っておくと、役に立つかもしれません。

 

【関連記事】 

www.tumenoakari.com

www.tumenoakari.com

www.tumenoakari.com

www.tumenoakari.com