爪ノ灯

「やりたいこと」なんてわからないけど、『やりたくなこと』は明確だ。サボる技術はそんなあなたの力になります!

コロナショック!あなたはダマされていませんか???【裏取りの重要性】

f:id:tumenoakari:20200317202354j:plain

 

 

コロナショックの影響か。シャッター通りを撮影

 冒頭の写真は3/17(火)に撮影したばかりのものです。いつもはにぎわう名古屋の大須商店街。その一角をのぞいてみると、カーテンで覆われた通りが目につきました。平日12時ころ。観光地でもあり、繁華街でもあるにも関わらず、閑散とした状態でした。 最近は、コロナショックがホットな話題であり、その影響が心配されます。

 

コロナショックは関係ありません

 冒頭の写真は事実です。撮影日は3/17(火)12時ころ。場所も事実です。ただ、情報が足りません。このお店、火曜日が定休日です。だからこんな写真が取れます。

 

もっともらしい文章ともっともらしい写真が説得力を生む

 最初の文章、もっともらしくあおっており、しっかりと事実で構成されています。で、この写真を見て、この文章を読んでどう思ったでしょうか。普通は定休日のことなぞは考えず、写真の状況と、コロナショックという単語を結び付けてしまうのではないかと思います。

 

先入観に気を付けつつ、書いている人の属性を意識するくせをもつ

 記事は正しいものだ!だって公開されているんだもん! みたいな先入観があると、印象操作に引っかかる可能性があります。とはいえ、全てを疑うのは大変です。「気を付けたい」と思ったときに有効なのは、書いている人ってどんな人?を調べると良いです。提供でもいいです。スポンサーがA社の番組で、A社の商品を悪く言うか?という感じです。

 

まとめ だから、プロフィールは重要

 この考えが理解できると、プロフィールの重要性が理解できます。「何を言っているか?」も重要ですが「誰が言っているか?」も重要なのです。文章であっても、言葉であっても、意識・無意識関係なく、書き手の意思がはさまります。必ずバイアスがかかっていると思うべきです。それが無視できるレベルなのかどうなのか。今日のランチ決めるくらいの判断なら無視してもそれほど影響ありませんが、人生の大きな選択をするときなどは、「誰が言っているか?」「どういうバイアスがかかっているか?」を意識して調べるようにすると、より良い選択ができるかもしれません。