爪ノ灯

「やりたいこと」なんてわからないけど、『やりたくなこと』は明確だ。サボる技術はそんなあなたの力になります!

服を買いに行く服がない問題が解決したら、その服を着て服を買に行く

 

f:id:tumenoakari:20200315221539j:plain

 

 服が無限に増えていくスキームを解明したぞ!

 

 

「服を買いに行く服がない」という幻想

 「服を買いに行く服がない」というのはきっぱり幻想だ。ファッション、おしゃれをすることに対して1歩踏み出す勇気がないから「服を買いに行く服がない」という理由を作り出しているだけなのだ。服を買いに行く服がないという理由を作り出す知恵があるのなら、外出するための服は絶対にある。別にスエットを着ていってもいいし、スーツを着ていってもいい。単純に、勇気の問題なのだ。

 

なんで「幻想」に陥るか

 トライしない理由を考えると「可能性を残したいから」に行きつく。自分がダサいのはおしゃれに興味がないからだという体面を守りたい。だから、「服を買いに行く服がない」と守りを固めて行動しない。だって、行動してしまったら、そのうえでダサいままだとしたら。これが嫌だから。これが辛いから幻想に逃げ込む。やっぱり勇気の問題なのだ。

 

どうして無限に服が増えていくのか

 服が増えていく現象の前には必ず「おしゃれをすることに対して、勇気を出して1歩踏み出した」というポジティブな変化がある。勇気を出して1歩を踏み出したんだから自分が納得できる結果を出したいと思うのは当たり前だし健全だ。つまり、おしゃれになりたいと心から思うわけで、次の行動は決まっている。トライアンドエラーだ。 今までファッションに興味が無かった人がトライアンドエラーに踏み出す場合、何をするか? そう、服を買い足していくのである。ファッションは、アイテム単体を楽しむほか、着こなしを楽しむという文化がある。着こなしとは、袖をまくったりするなどの服の着かたのほかに、アイテムの組み合わせがある。どうしてもアイテム数が必要になってしまうのだ。そのうえ、「流行」という要素、「毎日同じコーディネートはちょっと・・・・・・」という要素があり、これがアイテム数を増やすことを加速する。だから、服を買いに行く服がない問題が解決したら、その服を着て服を買いに行くという具体的行動につながり、結果として服が無限に増えていくのだ!

 

まとめ ファッションは楽しい!

 おしゃれが楽しめるようになると、人と会うのが楽しくなる。外出が楽しくなる。これはプライベートも、ビジネスも、全部に対してポジティブな影響が出る。生活に影響が出るほどファッションにお金をかけるのはどうかと思うが、人と会うことが楽しくなったり、外出することが楽しくなると、人生は間違いなく豊かになる。 そういうお金の使い方と考えると非常に良いお金の使い方だとわたしは思うのです。 たまに失敗しちゃったりしますが、それもまたファッションの楽しみ方の一つだと思うんです。失敗しない人なんかいませんし、それを糧に成長すれば失敗が無駄にならない。

 

 服が無限に増えていくスキームをしっかり理解しつつ、無理のない範囲でファッションを楽しみつつ、モノの出口戦略も一緒に考えておくと、ストレスなく、より人生を楽しめます。enjoy!

 

関連記事 

www.tumenoakari.com

 

 

最速でおしゃれに見せる方法 <実践編>

最速でおしゃれに見せる方法 <実践編>

  • 作者:MB
  • 発売日: 2019/11/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
最速でおしゃれに見せる方法

最速でおしゃれに見せる方法

  • 作者:MB
  • 発売日: 2015/09/17
  • メディア: 単行本