爪ノ灯

「やりたいこと」なんてわからないけど、『やりたくなこと』は明確だ。サボる技術はそんなあなたの力になります!

狂ったように「小さい財布」を求める理由を解説しよう!

f:id:tumenoakari:20200120104102j:plain

 

 それは、財布を通して人生を豊かにしたいから。

 

 何故「小さい財布を求めるか」を理解するためには「財布とは何か?」を理解すると早いと思います。「財布とは何か?」と言っても率直に「お金に関係するものを管理・収納するツール」という認識で間違いありません。では、財布に収納するモノの属性について掘り下げてみましょう。財布に何を収納するか。以下のような感じになると思います。

 

 ・現金

 ・カード類

 ・ポイントカード

 ・クーポン券

 ・レシート

 ・診察券

 ・運転免許証

 ・健康保険証

 ・家の鍵

 ・その他雑貨類(薬など)

 

 何が入っているか、どのような割合で収納されているかは『人それぞれ』な訳ですが、なんで人それぞれになるかというと「財布の中身はその人の生活や考え方に拠る」という性質があるからです。加えて、お金というのは生きていくために欠かせない、重要なものになります。つまり、財布について考えるという事は生活を見直す事、自分と向き合う事につながると考えることが出来るわけです。これが極めて重要な事なのです。この考え方で「小さい財布を選ぶこと」を考えると、その目的は「本当に必要なモノを見極め、実際に行動し、人生をより豊かにしていこうという意思表示」と考えることが出来ます。

 

 「座ると強制的に背筋が伸びる椅子」や「良い姿勢を強制する下着」などと同じ考え方です。小さい財布を導入する事で物理的に余分なモノが収納できなくしてしまう。その目的は、今までの生活を振り返り、今後の生活を真剣に考えて、人生から無駄な考え、行動をなくして本当に必要なモノ・コトに集中できるようにすること。「本当に大切なモノを見極めるツール」として小さい財布を求めるのです。

 

 「小さい財布を導入すると人生が豊かになる」では説明として不十分です。「自分の生活を見つめなおし、これからの人生と向き合う」ことをする。そのためのツールとして小さい財布を使う。だから、小さい財布を導入すると人生が豊かになるのです。この考え、この過程が極めて需要であり、結果として小さい財布が自分に合わず、小さい財布自体が無駄になってしまっても、その過程がなくなるわけではないので無駄のない、合理的な行動なのです。 財布の中身が変わらなくても。そこに収納されているモノが本当に全部必要だと確認できたわけですから、これは豊かな事なのです。

 

 これを感覚的に理解しているから、狂ったように「小さい財布」を求めるのです。