爪の灯

元スーツ販売員、いま事務職。スーツを売る側、利用する側の両方が備わり最強に見える!

本人確認は最初にやろう?最後に本人確認する事の感情的妥当性と事務的損失についての話。

 

 スマートフォンの普及により個人にダイレクトに案件発信が可能となり、受け取り手も即座に対応する事が可能な時代。しかし、個人情報保護法等、セキュリティをないがしろにしてもOKという事では無く。故に、本人確認という作業が必要になってくる。

 

 会社のお昼休みに自分のスマホでメールチェック!おっ、クレジットカード会社からメールだ!最近使っていないカードだな、財布にももう入れていない。なんだろ?なになに、カードの有効期限が切れるから新しいカードを送付しますと。つきましては登録住所の確認をして、変わっているようであれば住所変更してください。と。メール本文にはログインURLも記載されている。導線完璧!クリックだ!最近のGoogleはすごいぞ!chromeなんかにはログインIDとパスワードが記録されている!スムーズにログインだ!さて、住所を確認、やっぱり引っ越し前の住所だ・・・・・・、今の住所の書き換えないと、前の住所にクレジットカードが届いてしまって危険だ!すぐに変えなきゃ!!! よし、入力完了したぞ、更新だ!!!

 

 本人確認が必要です。クレジットカード裏面のセキュリティNoを入力してください。

 

 これ、最初に聞いてくれよと思った。最初に聞かないまでも「お手元に〇〇を準備して進めてください」とか書いてくれー!わかっているよー、こんなもん用意してあって当たり前ってことはー!でもまぁこのザマよ。まぁ、クレジットカードの登録情報変更にそのクレジットカードが手元にあることを求められるのは言われてみると当たり前感があるので、悔しい思いはあるがそうだねって思いもある。しかし、しかし。電力会社のID作る時に支払いで使っているクレジットカードの下4桁の入力を求められるのはさすがに想定外だわ。支払い方法変更の手続き中に求められるならまぁって思うけども。

 

 せめて一時保存とかさせてくれー!と思っても、個人情報バリバリなので一時保存も保存する側もされる側もリスク高いよなーーーだったら最初に、登録完了までに何が必要か言ってくれ!と思ってしまう。ハードルが低すぎるのも問題だけど、これはハードル云々ではなく不親切に当たるのではないだろうかと思ってしまう。

 

 生体認証とかもっと進化しないかなーとか思いつつ、この間見た中国だかどこかで顔認証でどうのってニュース、勝手に決済リスクや双子だったらどうするの的なやつ見てるとこれはこれで怖いなぁと思うので、こういうのにクリティカルな解決策が出てくると世の中一気に変わっていくんだろうなぁって思った。