爪の灯

元スーツ販売員が、ファッショナブルに節約を楽しむ系のブログです。コスパとは、商品価格だけで決まるものではない!

賃貸住宅でエアコン内部洗浄を業者にお願いしようとしたら、エアコンが新しくなった話。

f:id:tumenoakari:20181024135250j:plain

 

 ふとエアコンを見上げる。なんだか黒いのがたくさん見える。あれ、これエアコン汚れているんじゃないか?というか、入居時に確認したか覚えていないけど、ちゃんと清掃されていたのかな?まぁ、こんな奥のほうまで見ないけども。かびっぽい汚れに気が付いてしまった以上、なんだかもやもやする気分になり、こんな気持ちで生活するなら、冬になってエアコン使い始める前に業者さん呼んできれいにして、健やかに生活したいなぁと思い、1~2万円くらいならまぁいいか、きれいにすると電気代も下がるというし、最近エアコン止まる事あるしと思い、いろいろ調べてみると、個人で手配してはいけないという事が判明。賃貸住宅なのでエアコンはあくまで大家さんのもの。勝手に手を加えてはいけないので、管理会社を通して許可を取ることにした。

 

 んで、管理会社に連絡を取って話をすすめると、こういう問い合わせが少ない為かなんだか要領を得ないやり取りに。管理会社的にはちゃんと使用できているか否かが問題のようで、結局担当者が現地(我が家)で確認することになった。確認いただいたところ、「最近、エアコンが勝手に止まってしまう事がある」という切り口でメーカーに調査~必要に応じ修理という流れに。なんか当初の目的からずれ始める。メーカー修理担当者がお越しになる。確認していただいたところ、エアコンに搭載されていた「お掃除ユニット」がエラー吐いている事が発覚し、部品を取り寄せて修理する事になった。アレ?って感じ。とはいえ、故障個所を直してから洗浄する流れが良いだろうという事で、そのまま進める事に。次回訪問修理の日を連絡しますという事で今日は終わり。 そして電話連絡があったのだが、急展開。お掃除ユニットの部品交換を行う予定であったが、9年前の機種であるため部品が無く、修理不可能とのお話になる。結局、新品と交換する対応になり、結果的に業者さんにお願いして内部清掃をしていただく必要がなくなったという顛末。

 

 新しいエアコンの設置の際にも設置業者さんとお話をする機会があり、「去年の電気代、高くなかったですか?」と聞かれて、そう思った理由を尋ねると、どうやら電気をおおく食う機種だったとの事。9年前の機種からの交換の為、電気代も下がりますよとうれしいサプライズがあった。何回も担当者を部屋に招き、時間を使った甲斐があったというもの。

 

 持ち家派、賃貸派のコラムが好きでたまに見るのだが、最近の台風などの天災や、こういった設備修繕、基本的に賃貸契約時に記載されている設備は使用料的なものが家賃に含まれている為、大家さんがその機能維持に責任を持つ(その設備でお客さんを釣っている為)という仕組みに今回初めてかつ、大いに助けられたため、良い経験でありました。というお話。