読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

爪の灯

元スーツ販売員がプロ独身貴族視点で、ファッショナブルに節約を楽しむ系のブログです。

30代から始める!メンズひげ脱毛体験記録!ひげ脱毛のメリット&デメリットを徹底考察!10万円で「ひげを剃らなくても良い権利」を買うのはコスパ的にどうなのか?という話。【最終更新:2016年5月15日→継続中】

f:id:tumenoakari:20160320165702j:plain

 

 名古屋でひげ脱毛を実際にやった記録です。きっかけ等々は別の記事でもまとめています。何回通うかわかりませんが、この記事で施術の進捗記録をとっていきたいなぁというものです!

 

 きっかけ→コンビニ行く感覚でひげ脱毛!10万円で「ひげを剃らなくても良い権利」を買いにいった話。 - 爪の灯

 

 【はじめに】

 きっかけ自体は超衝動的なものでして、予定の無い休日、朝ひげを剃るのが猛烈に面倒くさく思い、起きぬけの頭でネットサーフィンしていたら「ひげ脱毛いいよ!」というブログ記事に当たりまして、暇だったのでその日のうちにサロンに行って契約してきました!という流れです。

 

 【コスト的にどうなのか?と、メリット&デメリット!】

 衝動的に決めたこととは言え、「コスト的に得をする」算段があって契約を進めました。具体的には以下の不具合要素を完全撲滅できるという見込みです。

 

 ★★★★★

 1.次に購入するであろうシェーバー代

 →今使っているのが14000円くらいで、先代も同じくらい。

 2.シェービングフォーム代

 →月間200円くらい?年間で2400円くらいと見積もり。

 3.朝のシェービング時間

 →プライスレス!

 ★★★★★

 

 タイトルに有るとおり、ひげ脱毛で10万円ほどかかっているので、10万円分くらいは得したい!と思うのです!だいたい2~5年、間をとって3年くらいで電気シェーバー買い換えているので、約7回分の買い替えとして、21年でモトが取れると考えて良いでしょう。たぶん21年後も普通に社会人として生活しているでしょうから、償却し切れると言ってよいのではないかと思います。シェービングフォームなどの細かい出費も含めると償却はもっと早くなることが予想されます!よいですね!

 

 また、今回の目的はコスト面だけなく、「面倒事項の撲滅」というモノがあります。具体的には以下のとおり。

 

 ★★★★★

 1.朝のまったり時間の確保

 2.起き抜けからの「かっこいい自分」の演出

 →リアル漫画の世界だ!

 3.「剃刀負け」の根本解決

 →いくら肌にやさしい電気シェーバー使用していてもそれなりの負荷はある。

 4.テンション下がる「剃り残し」の抜本解決

 →朝の電車でほほをなでたときのがっかり感が無くなる!

 5.テンション下がる「夕方のじょりじょり感」の抜本解決

 →5時台~の憂鬱項目が一つ減る!

 6.「青髭(あおひげ)」の撲滅

 →肌を焼かない人は結構悩んでいると思う

 ★★★★★

 

 個人的な趣向として、この「テンションにかかわる部分」のメリットだけで10万円分の価値が有ると思っています。このように、真剣に、深く考えていくと「何でもっと早く取り組まなかったのだろう?」と思うのですが、これは実際にやってみて考えが変わったからであって、やっぱりデメリットやハードルもそれなりにあるのです。考え付くのが下記の内容です。

 

  ★★★★★

 1.美容系のクリニックに行くこと自体が恥ずかしい

 →超わかる。いまでも抵抗ありますし!

 2.肌トラブル発生の可能性がある

 →施術前に「テスト照射」があります。けど、結局実際やってみないとわからない系の怖さは付きまといます。

 3.将来的にひげを伸ばしたくなった場合、対応が出来ない

 →施術が完了するともう「宮崎駿」にはなれないのです!ここは完全にトレードオフ。付け髭とか流行すればいい!

 4.高い

 →いずれ取り返せるとは言え、イニシャルコスト(初期導入費用)の10万円は高い!しかも踏み切る前だと効果がちゃんと得られるかどうかも不明な状態ですし!

 5.痛い

 →痛い!

 ★★★★★

 

 なのでまぁ、こういう体験記録などを参考にするのです。実際に自分がこの施術に踏み切ったのもとある人の施術記録を読んで、大丈夫そうだなと思ったのがきっかけですし。アフィとか、商売っ気の無い、個人ブログとかで、自分の属性に近い人の記事見つけて読んでみるのが一番安心すると思いますよ!※このカテゴリ、広告記事が多すぎてこれが嫌悪感に繋がっているような気もします。

 

  かくして、「やる価値有り」と判断し、なおかつ、「終わりが見える」施術だったので、実際にやってみた次第なのです!

 

 ※各回は4週間おきのペースです。2016年4月時点でまだ施術中。

 

 【第1回】  

www.kobayashi-seikei.jp

 

 まずクリニックを決めました。正直、「医療系レーザー脱毛」であればどこでもよかったです。やること変わりませんし、コレ系は症例もごまんとありますし。

 

 1.たまたま名古屋で先駆者さんがいて

 2.自宅から無理なく通える範囲で

 3.無制限脱毛やっていて(毛が生えてくる限り、施術を保障する制度)

 4.パック料金が有り

 5.料金表が明瞭であった

 

 こんな感じのがチェックポイントでした。特に「自宅から無理なく通える範囲」は重要だと思います。なんでも、「毛根はお休みしているものと、活動しているものがあり、周期的に毛を生やしている。レーザーは毛根の黒い部分に反応して照射されるため、お休みしている毛根には効果が無い。そのため、毛の生え変わりの周期毎にレーザー照射を行う必要がある。要するに、1回じゃ終わらない。定期的に、お休みしている毛根が活動しているときを狙って照射しないと生き残る毛根が出てきてしまう!」という事で、「通う」事を前提にクリニックを選択するべきです!ちなみに周期は4週間に一度。だいたい月1回ペースになります。

 

 また、「医療レーザー脱毛」を選択するのもポイント。医療ではないレーザーのそれと比較し、パワーが違うらしく、施術回数や効果に明確な差が出てしまうという事です。回数に差がつくということは、その分時間もお金もかかると言う事で、これはしんどいと思うのです!

 

 流れ。営業開始時間になったら電話し、当日の予約を取り付けました。その際、「ひげを深ぞりするように」という指示を受けました。時間に訪問し、事前に調べておいたパックに申し込み。事前説明&かなりキッチリしたカウンセリングを受ける。ついでにテスト照射も受け、レーザーうった後の肌の状態見たり、痛みの確認をしたりする。その後、この手の施術で必ず出てくる「確認書(誓約書的な)」にサインをして、料金支払って即1回目の施術。

 

 レーザーを照射する部分のマーキングが始まります。顔に赤ペンで落書きされる感じ。鏡を見て、施術箇所を確認。患部を冷却しつつレーザー照射。超痛い。「輪ゴムではじかれたような痛み」という表現は秀逸だと思いました。ほんとその痛み。特に鼻の下、あご辺りが超痛い。同じ痛みでも、ほほとかは普通に耐えられるのですが、鼻の下とか反則だろ!といいたくなるほど耐性無いので超痛い。「ピッ」って音がすると「じゅっつ」って音がして、毛が焼ける「硫黄臭」が漂います。レーザーの出力落としてもらえば傷みも和らぎますが、効果も落ちるので、ここは我慢のしどころ、頑張りどころだと思いました。施術箇所は鼻を基準に鼻の下からのど仏の上くらいまで。ほほは鼻のちょい上くらいまでやってくれます。コース次第ですが、まぁこんなもんかなぁと思いました。

 

 初回は必ずマスクを持参すべきだと思います!「どろぼうひげ」と呼称されていましたが、燃えカス?見たいなのが残り、ぽつぽつ黒いものが散見されるようになり、また、レーザーに反応した毛が超成長して1本だけ超長く伸びたひげ(2時間くらいで超のびる数本がある)が発生しましたので、脱毛後、何か予定があるならばマスク持参して隠せるようにしておくべきです!施術自体は10分程度。その後、15分くらいアイシングして都合30分くらいで終わります。全体的に短めなのですが、回数かかるので、通いやすさはやはり重要です。

 

 ぶっちゃけ、施術~2週間くらいまで全く効果を感じません。むしろ、ひげが濃くなった気さえします。実際そうなんですけども。が、3週間目くらいから、青髭がめだたなく、いや、本当に若干なのですが、そんな感じになってきて、2回目行くのが楽しみになってきます!そういう感想を持つこともふまえて、最初からコースに申し込んで、2回目に行かざるを得ない状況を作ってしまうのがよいと思います。あの痛い思いをして、効果を実感できるのが2週間も先。しかも感じる効果自体も「かもしれない」レベル。うん、無理矢理にでも続ける理由を作るべきです!

 

 【第2回】

 第一回から4週間後、ふたたびクリニックに訪問します。2回目は完全に流れ作業です。カウンセリングない分早くすすみます。とは言え、テスト照射は今回もあります。これはたぶん、毎回ある気がします。例によって、顔に落書き(施術箇所のマーキング)して、ジェルを塗って施術開始。変わらず痛い!2回目もマスクはあったほうが良いと思いました。初回よりかなりマシですが、それなりに黒いぽつぽつ感はでます。あと、季節的なモノもあるのでしょうが、「日焼け厳禁!」は毎回言われます。レーザーが「黒いもの」に反応する性質の為、日焼けをしてしまうと日焼けの肌にレーザーが反応してしまうのだそう。同じく性質の話で「毛を抜かない」ように釘を刺されました。毛を抜くと黒い部分が残らない為、次生えてくるまでレーザーが反応しなくなってしまうのだとか。ちなみに、「ひげが伸びている状態」でも施術は出来ないのだそうです。その場合、クリニックで剃刀買って(100円)、剃ってから施術するのだそうです。次はまた4週間後。5月後半頃の更新の予定です。

 

 【幕間】 

 2回目やって1週間。やっぱり「どろぼうひげ」の症状が出る。うーむ、やはりこれは学生のうちにやっておくべきことだなぁと思いました。2週間目くらいに落ち着きそうな感じではあるのですが、営業職だったりしたらちょっと問題かも。冬場や、花粉の季節など、マスク着用してて不自然じゃない時期にスタートするのがよいと思いました。青髭は確実に解消されている気がしますが、肝心の普通のひげがこれじゃ・・・・・・ね。3回目から効果を強力に実感できる!とコメントで教えていただいたので、来月までの辛抱だ!

 

 【第3回】

  第2回と流れは同じです。テスト照射→本照射→アイシング。個人差があるようですが、弟2回を終えて1~2週間経ったくらいで既に効果が実感できるレベルになっていたのでもう楽しみで楽しみで!しかし未だ、毎日ひげの処理が必要なレベルではあったので、今回も痛みがあり、どろぼうひげ(燃えカスが残る状態)も発生しました。また、時期的に(5月15日)、出かける前に日焼け止めを塗っておいたのですが、よく考えたらジェルを塗る→最後ふき取りの工程で日焼け止め落ちちゃった!マスクか塗り直しようの日焼け止めは必須だと思いました。うーん、秋スタートが良いというのは本当ですね。日焼けに関しては、本気で何回も念押しされる為、気をつけなくては!!

 

マンガで分かる肉体改造 美肌・スキンケア編 (ヤングキングコミックス)

マンガで分かる肉体改造 美肌・スキンケア編 (ヤングキングコミックス)