爪の灯

元スーツ販売員がプロ独身貴族視点で、ファッショナブルに節約を楽しむ系のブログです。

マネークリップは使いにくい?クリップタイプと札ばさみタイプの違いの解説と、日本のお金には市販のマネークリップは似合わないと思った話。

f:id:tumenoakari:20160413212841j:plain

 

 お財布ジプシーしていた時期がありまして、マネークリップを使用していた時期がありました。実際に使ってみて、「クリップタイプ」は実用的ではありませんでしたが、「札ばさみタイプ」は十分実用的であるという感想を持ちました。では何故、クリップタイプが「実用的ではない」と感じてしまったのか。

 

f:id:tumenoakari:20160413212842j:plain

 

 写真は「クリップタイプ」のマネークリップに、一万円札をはさんだもの。ご覧のとおり、隙間がすごい。複数枚のお札を挟んだり、カードを一緒に挟んだりして抜け落ちないようにするのですが、お会計時に「お札をきれいに使いきろう」という精神で臨むと良くこのすかすか状態に陥ります。では対策として、最初からある程度きつめに色々挟んでおく手もありますが、逆に、千円の買い物を1万円札でしたあとのつり札が挟みきれなくなります。無理すれば挟めなくもないですが、今度はきつすぎてお札を1枚取り出したいときに不便です。

 

 また、持ち運び時に、鞄に入れるにしても、ポケットに入れるにしても、お札の端っこが傷みます。むき出しですからね!構造的に仕方が無いですね!で、これは実用面の問題ではないでしょう?という話も有るのですが、そもそもあえてマネークリップをチョイスする層の人って、「かっこいいから」これをチョイスするのであって、「傷んだお札」で見栄えがマイナスになってしまうと、わざわざ不便を甘んじて受け入れてまでマネークリップを使用する意義が・・・・・・となってしまうのです。

 

f:id:tumenoakari:20160327201904j:plain

 

 そこで「札ばさみタイプ」ですよ!スタイリッシュな感じは「クリップタイプ」に及びませんが、十分スリムです!カードを一緒に管理することを考えると実用面では数段上になりますし、『割引券』等を一時保有する場合、スタイリッシュさでも「クリップタイプ」に勝てます!「クリップタイプ」だと、どうしても割引券がむき出しになってしまいますからね!大抵の「札ばさみタイプ」はばねが仕込まれた金具がついていて、これが優秀で1枚でも十分しっかりと挟み込むことが出来ます。革でお札を挟み込む構造上、お札の痛みもありませんので普通にキレイにお金を使うことが出来ます!

 

 というか、根本的な問題として、「実用の財布としての美観」を論じた場合、「クリップタイプ」には「お札の券面自体のデザイン」が美観に組み込まれてしまうのです!「クリップタイプ」の販売サイトで商品の使用例の写真を良くみてください!大抵、日本銀行券ではないお札が挟まれているはず!マネークリップと日本銀行券の券面自体の相性が悪いのです!ゆえに、日本国内での運用を考えた場合、「札ばさみタイプ」がもっともスタイリッシュなのではないかと思うのです!

 

 逆に、竹素材(特に青竹)なんかでできたマネークリップとかあったら一万円札と抜群に相性がよいと思うので、誰かこのアイデアを買ってください!!!

 

 マネークリップの記事→財布の買い替え!HERZ(ヘルツ)のマネークリップを買ってみた話。と、財布に対する考え方の話。 - 爪の灯

 小銭入れの記事→小銭入れの買い替え!HERZ(ヘルツ)のスリムタイプ小銭入れを買ってみた話。お金の持ち運びや風水に関して思ったこと。 - 爪の灯

 

 

 

AMANOGAWA ソフトタッチ 札ばさみ 85mm ゴールド 1本入り

AMANOGAWA ソフトタッチ 札ばさみ 85mm ゴールド 1本入り