爪の灯

元スーツ販売員が、ファッショナブルに節約を楽しむ系のブログです。コスパとは、商品価格だけで決まるものではない!

今年の夏もnatoベルト。やっぱりNATOベルトはお手軽カッコイイ!と、ロレックスエクスプローラーⅠの新旧現行問題についてちょっと。個人的には旧型ロレックスが最強だと思う話。(2016年度版)

f:id:tumenoakari:20160331202729j:plain

 

 そろそろ夏がやってくる!という訳で時計のベルトを交換しました!去年と同じ、汗に対応する為にNATOベルトだ!カラーリングを変更し、2015年の黒&グレーから紺&ホワイトというさわやかさ全開のカラーリングにしたよ!

 

 2015年度版→夏の時計ベルト、natoベルトはお手軽カッコイイ!(ロレックス エクスプローラー) - 爪の灯

 

 

f:id:tumenoakari:20160331202724j:plain

 

 ほぼ去年と同じ。送料込みでアマゾンで1000円しないくらい。去年のベルトはシーズン乗り切った時点で捨てた。ナイロン部分に問題はなかったのですが、金具部分のさびがみっともなくて。値段が値段ですし、毎シーズン気分をかえる意味でもまぁ良いかなって。そして溜まりゆくバネ棒はずし。毎回セットでついてくる必要ないのになー。この値段だとバネ棒はずしセットしかラインナップないんですよね。ちなみに幅は20mm。

 

f:id:tumenoakari:20160331202726j:plain

 

 ちなみにシーズンが終わったら自分で書いたこの記事、とくに上の写真を参考にしながら金属ブレスレットに戻す作業をします。上下がわからなくなってしまうんですよ!!!

 

 

 なんだかロレックスが新しいエクスプローラーⅠを発表したそうでして、前回39mmケースにサイズアップしたにもかかわらず、針の長さがそのままだったものを針のサイズを調整しました!みたいな?文字盤がマットだったり光沢仕上げだったり、369に蛍光塗料が埋め込まれていたりいなかったりと、現行品と新型、結構違いが有るみたいですが、個人的にエクスプローラーⅠの最大の魅力は36mmケースだと思っているので、旧型以外に選択肢が無いと思っています。書いたとおり「個人的に」です。腕が細いので。この手の時計でこのサイズって中々無いんですよ。もっと腕が逞しければっ!って感じ。正直、似た雰囲気でもっと安い時計を探そうと思えば探せたはずなんですが、そこはまぁ、若気の至りといいますが、若干バブってた時代の生き残りといいますか。「使った事がないモノを貶めるのはいけない!まずは使ってみないと!」という気持ちで買ったものが残り続けている次第なのです。デザインも普遍的ですし、超実用時計ですしで、よく考えたらレギュラーから外れる要素が無いですな。

 

 369の蓄光塗料の話にしても、元々が機能重視のスポーツウォッチなのであってしかるべきだと思いますし、現行から青色に変化しているのですが、これも個人の好みで旧型の緑が良い。このサイズだと文字盤もマットでないほうがバランスよいと思うので、個人の好みにドストライクな時計なのですよ。

 

 ルイヴィトンやクロムハーツなど、若気の至りは他にもありますが、生き残りはこの時計くらい。色々かえて楽しんでいるのもこの時計くらい。もうブランド云々じゃない気がします。たまたま、自分にとってのドストライクがこれだった。それだけのはなしですね。これ。