爪の灯

元スーツ販売員が、ファッショナブルに節約を楽しむ系のブログです。コスパとは、商品価格だけで決まるものではない!

おっさんが高級ドライヤー『ヘアクリエプラス+(HeirCriePlus+)』をふるさと納税でもらった話。ドライヤーの高級機、イイネ!(抜け毛対策的な意味で)

f:id:tumenoakari:20151228170302j:plain

 

 2015年度のふるさと納税で何をお礼の品として選んだか。僕はドライヤーの高級機を選んだ。何故ドライヤーなのか?何故こんなに高い機種を選んだのか?という話になるが、今まで使っていたものが古くなってきており、発火したりしたらやだなーって思ったことと、単純にこういう機会でもなければ1万5千円以上もするドライヤーなど使う事は無いだろうなぁと思ったからである。

 

 この機種、明らかに女性向けであり、画像の色(ピンク!)しかないという潔よさなのだが、この機種の最大の特徴、「温風の温度が60度という頭皮へのダメージの少なさ」は抜け毛に悩む男性にもマッチするんじゃないのかなと思うのよ。失ってからだと遅いじゃない?

 

 ドライヤー「ごとき」で何か変わるか半信半疑であった為、ほぼ自己負担の無い形で入手し使ってみようと思ったわけだが、思った以上に違いが出てびっくりした。髪がちょーまとまる。ついでに抜け毛が減った!・・・・・・ような・・・・・・気がする・・・・・・っ!まぁ、普通に考えて頭皮への温風ダメージ減っているんだから、ある程度の効果が見込めるのは当然よねぇ。

 

 あと、風きり羽が特殊な形をしているらしく凄く静か。この風量でこの静かさはすごい。元々、騒音を気にする環境で生活していない為、最大限恩恵を受けているとは言い難いが、それでも耳元でがーがー大音量出されるより心地よい感じがする。ストレス軽減的な意味で。

 

 こういった日常的に使用するアイテムにこういう高級機を当てていくことが『豊かな暮らし』なのかなぁと実感した。これはアレだ。ノイズキャンセリング機能がついたイヤホンや、電動歯ブラシ、ウォーターピックなんかと同じで、実際に「使ってみなければ分からない」系のアイテムだ。そして実際に使ってしまうと下位製品に戻り辛い系の悪魔のアイテム。

 

 こういうのってどこか試せる場所あるんですかねぇ。家電量販店とかで髪濡らして乾かすわけにもいかないし、気の利いたスーパー銭湯とかにおいてあるのかしら?いや、置いてあるとしても女湯か。

 

 あわなかった場合、捨てるの大変だし、もったいないしで、そりゃ、レビューが重要視されるわけだ。

 

 そして一回体験してしまうと次買うときの抵抗が無くなる。まったく商売上手である。