爪の灯

元スーツ販売員が、ファッショナブルに節約を楽しむ系のブログです。コスパとは、商品価格だけで決まるものではない!

汎用性最強のクレジットカード体制が完成したので語ってみる。【2015/4/18時点】

f:id:tumenoakari:20150418145632j:plain

 

 主に還元率とかの話。

 

 いわゆる「高還元率」を1%くらいとした場合。結構前に「青山カード」の還元率の凄さを記事にしたのだが、用途を限定すれば軽く超えるカードって結構あるんですよ。

 

 これ→まさかの20%超還元!洋服の青山「青山カード」の凄まじさ。内容の改定があったようで、元販売員もびっくり! - 爪の灯

 

 但し、複数枚の所持を強制され、高還元の条件が「提示」ではなく「使用」である場合、引き落としの分散というデメリットもあるので、中々ハードルが高いという事実もある。カードの還元率での最高の形は「いつ・どこで使用しても高還元が受けられる」だと思うので、そういう意味では今の環境だとレックスカードが最強だと思っている。(REX CARD | クレジットカードのジャックス

 

 何処で使っても1.75%の還元率というのは強力であり、またその還元方法も請求金額との相殺が出来るという無駄の無い形式故に、基本的に損をする要素が無いのが面倒無くて良い。アマゾン先生との親和性が高いのも魅力で、お買い物の手順をちょっと工夫するだけでさらに0.5%(計2.25%)の還元が受けられる。カードフェイスも悪くないので、メインのカードにするならこれか、良くいくスーパーが発行しているカードになるだろう。

 

 で、このカードにも弱点が2つある。ひとつは「年会費がかかる」という事だが、『年間で一定額の決済があれば年会費が免除される』タイプなので、頑張って使っていきたい。メインカードとして据える理由である。もうひとつが「付帯保険が選択式である」という事。とは言え、ネットショッピングをするのにうれしいショッピングプロテクションという、お買い物で何かトラブったときに対する保険が選択できるので悪くない(むしろ良い)。問題は、いろんなクレジットカードに標準装備されている海外旅行とかの付帯保険との選択式だという事である。ま、不足分は補えばいいわけで、サブカードとしてエイトカードを作ればいい。(JCB EIT(エイト)カード 年会費無料のカード|クレジットカードなら、JCBカード

 

 エイトカードのおいしい点は『年会費無料』で、「海外旅行保険」が『自動付帯』される点。これは非常に強力である。ぶっちゃけ、個人的にはエイトカードにこれ以外の利点が見出せないのだが、リボ専用カードのくせに最低支払金額が5万円で設定できる為、月間の支払金額が5万円以下ならば普通に一括で返済するのと変わらない運用ができる部分が優しいと思いました。

 

 リスクヘッジの側面でも期待が出来、レックスカードが「ビザ」エイトカードが「JCB」とブランドが違うので、万が一ビザが使えないお店に当たってしまった場合でもJCBで決済にチャレンジできるという強みがある。特に夢の国。

 

 ステイタスを完全無視した場合、この組み合わせが汎用性を加味したうえでの最強タッグだと思う。これにプラスして自分の生活に寄り添うカードをもう1枚作る。ステイタスのアメックスや、イオンが生活の基盤であるならイオンカード等を作ってしまえば非常にお得な生活をおくれる事でしょう。

 

 カードの還元率は非常に重要なファクターであると思うのです。銀行の定期預金の利率を確認してみてください。日本国債の利率を見てみてください。お買い物の決済をカードにするだけで一定%の還元が受けられる凄みが分かる筈。そして、カード決済して還元を受けるという事は、支出に対して「逆」消費税を設定するようなものなのです。保有資産の運用料率(貯金の利息とか)と両輪で、食い合う事無く収入や支出等のお金の動きに対して「儲け」を創出できるというアメージングなモンなのです。

 

 導入までがめんどくさいですが、いっかい導入してしまえば制度が変わるまでずっと恩恵を受ける事が出来るので、非常にコスパの良い生活の見直しであると断言しますヨ。

 

 財布の話→カードケースを財布として使う。最高にスリムなお財布運用術。 - 爪の灯

 

 

最強クレジットカードガイド2015 ~本当にトクするカードの選び方・使い方~ (角川SSCムック)

最強クレジットカードガイド2015 ~本当にトクするカードの選び方・使い方~ (角川SSCムック)