爪の灯

元スーツ販売員が、ファッショナブルに節約を楽しむ系のブログです。コスパとは、商品価格だけで決まるものではない!

安いサイクロン掃除機の分解清掃をした話と、クイックルワイパーとの棲み分け。掃除機が不要になる事は無いなと思った話。

f:id:tumenoakari:20150320200813j:plain

 

 4年目にして初めての分解清掃。一人暮らしを始めてすぐに買った掃除機。とりあえずかっこよさそうだったのでサイクロン式の掃除機を買った。1万円くらいだったし。

 

 うちはクイックルワイパー(床乾拭きするアレ)との併用なので、そんなに使用頻度高くないのだが、いよいよ変な音が発生するようになってきてしまった。割とマメにホコリ取ってたんだけど、フィルターが限界くさい。という事で、分解清掃してみた。

 

 写真のレベルまでは簡単に分解できた。使用した工具は1円玉くらい。ヘッドからローラー取るのに使った。説明書にもコイン使えば良いって書いてあったし。丸々水洗いできるのね。清潔で良いわ。フィルターも思った以上にきれいになったので、機械部分(モーター部分)がヘタるまで活躍してもらおう。

 

 床掃除を掃除機とクイックルワイパーとでちまちまやっているのだが、クイックルワイパー1本に絞れる気がしない。クイックルでも大まかなほこりや髪の毛なんかはばっちり集めることができるけど、致命的にすみっこに弱い。あと、シートが・・・・・・消耗品の管理が面倒くさい。1LDK全体をやろうと思うと2枚(裏表で4枚)使うので、そんなにコスパも良くない印象。ただ構造的に音が出ないので、夜間に床のほこりが気になった時なんかにはすごく良い掃除器具である。これだと掃除機は週1位で十分な感じがする。四隅とかを重点的にかける感じ。クイックルかけた後でもそれなりにほこりが吸えるから、やっぱりクイックル1本に絞るのは無理かなぁというのが所感。テクニックの問題かもしれないけども。

 

 個人的には掃除機はイノベーション系アイテムだと思っている。「吸う」事が出来るアイテムを掃除機しか持っていないので。何で代用するか?と考えた場合、良い代案もなく、それゆえに必須であるという話。ミルで豆挽いてコーヒーを作る運用しているので、掃除機は絶対に必要だと思っている。あと、買うならステックタイプはお勧めしない。自由度が全く違うからね。掃除のやりやすさが違う。細かいすきま部分やTV台の上に積もったほこりを吸うだとか、カーテンレールの上のほこりを吸うとかの運用の時に、やりやすさが全く違う。そんなに取る場所も変わらんし、どうせ隠す収納にしまうでしょ?掃除開始までがダルいというのはあるけども、そこはクイックルとの併用ですよ。気合を入れて掃除をするときに使う機械なワケですよ。やっぱり棲み分けは大切なんですよ!

 

 ぶっちゃけ、紙パック式にしておけばよかったと後悔しているが、ランニングコスト含めると確実にこちらのほうが安く、吸引力も必要十分な上に、余計な消耗品の管理も不要なので、年次のメンテナンスの手間と相殺くらいに考えられれば、それなりに良い買い物かなぁと思った。

 

 関連記事→イノベーション系アイテム カテゴリーの記事一覧 - 爪の灯

 

アイリスオーヤマ ペット用サイクロンクリーナー オレンジ PCC-100CTK-D

アイリスオーヤマ ペット用サイクロンクリーナー オレンジ PCC-100CTK-D