爪の灯

元スーツ販売員が、ファッショナブルに節約を楽しむ系のブログです。コスパとは、商品価格だけで決まるものではない!

【万双の名刺入れ】を使っていて思う、革製品の適正価格~ブランドの名刺入れが1万円を越えるのはボッタクリなのか~という話。

f:id:tumenoakari:20150302093511j:plain

 

 万双という会社の名刺入れを使っていて思った事を書く。

 

 関連→元スーツ販売員が考える、洋服の青山を活用した、新社会人が揃えておくべきスーツセット!何故、コレだけのお金がかかるのか?徹底解説!! - 爪の灯

 

 万双という革製品のメーカーをご存知だろうか?東京は上野にあるお店です。極小店舗、在庫もあまり持たない感じで、極力ロスを無くし、高品質な商品をリーズナブルに提供している感じのメーカーだと思っていただければ以下を読んでいただく分には差し支えありません。

 

 万双社HP→万双| 最高品質の革鞄 ダレスバッグ等の販売

 

 名刺入れに注力して語るが、ラインナップとしてブライドルレザー、コードバンという2種類の革のラインナップがある。僕はブライドルレザーのほうを買った。何故なら緑色の名刺入れが欲しかったから(コードバンに緑色のラインナップが無かった)。価格は僕が購入したときも、この記事時点での価格も6千8百円(税抜)。率直に、相当安いと思った。

 

 目に見えて分かりやすいステッチの均一さは当然として、きちんと念引き(外周に凹みがあるでしょ?それ。耐久度up的な加工。手間がかかる)が表面、内側ともにされており、安い名刺入れにありがちな名刺入れる部分のコストダウン(布帛が張ってあったり)も無く、総ヌメ革で仕上げられている。もちろん、肝心のブライドルレザーも良品質である。僕の視点だと、これは変態的に安い。

 

 単純な比較は愚かしいことであると認識しているが、一例として、某ブライドルレザー主力のブランドの名刺入れを買うと、この倍以上のお値段がする。

 

 では、いわゆる「ブランド」が販売する1万円を越える名刺入れはボッタクリなのか?という話になるのだが、「ブランド」の付加価値をどういう風に捉えるのかという考えかたにもよるが割と適正な気がしてきた。

 

 超々一般人視点からすれば「ブランド」の価値とはつまり、知名度をベースにした「価値の肯定」以外の意味は無いと考える。「ブランド品=価値があるモノ」という刷り込みである。ゆえに、これが価値であり、これを価値とする考えかただ(ぱっと見、頭よさそうでよく見るとそうでもない言い回し)。

 

 ぱっと見て、革質や細かい仕様に目が向く人が大多数を占めている系のアイテムであれば話は別だが、これ系のアイテムに対して、一般人にそれを求めるのは酷というもの。じゃあ何を以って価値の良し悪しを図るのか?となった場合に機能するのが「ブランドタグ」である。そして、それは上述の認識に因る部分が大きく、この「イメージ戦略」に多大なコストがかかるワケで。で、実生活の中でその「ブランドイメージ」を「活用」するのであれば、その対価を支払わなければならないわけで。いわゆる「ブランド料」を払う必要性が出てくる。みたいな。

 

 この万双の製品は、清々しいまでに品質一本勝負をしており、何処にもメーカーのマークが無い。内側にも、外側にも、箱にも、買った時に入れてくれるお買い物袋にすらない。こういうのを「無銘戦略」とでも呼んだら格好良いよね。こういうの好き。

 

 とはいえ、一般人~みたいな感じで侮ると痛い目を見る。

 

 スーツ販売員時代に実験したことがあるのだが(みんなには内緒だよ)、スーツの均一コーナーで、その中に1着、高ランクの製品を混ぜておく(端サイズなので売れ残った、本当の意味でのお買い得品)。で、お客様の動向を見ているとだいたいの人がそのスーツ触るのよね。別にフェイスにして陳列しているわけではなく、平で陳列しているのによ。わざわざ引っ張り出してみるんですよ。なので、如何にブランドタグが燦然と輝いていたとしても、「なんかちがうなー」程度には違和感を覚える方が少なく無いということは認識しておくべきだと実感しました。あれ、ブランド品の廉価ラインとかで当たり外れ見抜けたり、ブランド品の偽物に違和感覚えたり、人間の感覚ってすごいね!

 

 時期的に新入社員さんに勧めるのはもう遅いかな?でも、この名刺入れ、素材自体が堅牢な上に、経年が楽しめる、超お買い得価格なので、機会があれば是非試してみたらよいと思います。ま、品切れも多いので、相当「運」も絡みますが。

 

 ちなみに、経年が楽しめる系のアイテムは非常に優秀なモノが多いので、このへんこだわってアイテム選びすると楽しいと思います。製品自体はいつでも買えますけど、自分で10年使い込んだモノを所有するためにはその期間が絶対必要になるので、若いうちに購入するのはメリットだと思いますし、ある意味投資とも思います。 

 

 関連→ファッション カテゴリーの記事一覧 - 爪の灯

 

  ↓色味が素敵。こういうのはコスパ度外視でもいいと思う。中々代わりとかみつからなかろうし。