読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

爪の灯

元スーツ販売員がプロ独身貴族視点で、ファッショナブルに節約を楽しむ系のブログです。

【筆箱の中の戦争】セーラー、プロフェッショナルギアに思う、高レベルでまとまっているが故のつまらなさの話。

f:id:tumenoakari:20150302093737j:plain

 

 非常に良いペンであるのだが手が伸びない。

 

 前回→【筆箱の中の戦争】ラミーサファリ(LAMY)再レビュー。なんだかんだでNo1、最強の実用万年筆だと思った話。 - 爪の灯

 

 この子の名誉のために言っておくが、手持ちのペンでもっとも良いペンは何か?といわれたら間違いなくこれを挙げる。ただどうしても手が伸びない。多分、優秀すぎるから。

 

 ぶっちゃけ、21金のやわらかめのペン先を持っている以外に特徴が無いんですよねぇ。まぁ、この特徴の無さが最大のメリットだったりするんですけども、人前でオプティマを何のてらいも無く使える精神を身につけてしまったがゆえ、このメリットを享受できなくなってしまったのが大きい。

 

f:id:tumenoakari:20150302093548j:plain

 

 多分、入れているインクにも問題がある。今、吸わせているのがペリカンの黒インク。ど地味。正直、業務において黒色で筆記しなくてはならない局面などほぼ無い。となると、ブルーブラック吸わせているオプティマと競合してしまう。そして、オプティマ使うときほどの「高揚感」を得られない為、必然的に手が伸びなくなってしまう・・・・・・

 

 手持ちのペンで、唯一、意識して毎日使うレベルの頻度。コレはマズイ。新しいペン買ったらリストラされてしまう最有力のペンなのだが・・・・・・、このペン、ペンクリニックで川口先生の調整を受けているので、すごぶる調子が良いのだ。これを死蔵してしまうのは勿体無い。別に嫌いじゃない、嫌いじゃないんだよ!ただ、オプティマやサファリみたいな強烈な個性というか、問題児っぷりというか、そういうの無いから、「この子はほうっておいても大丈夫でしょ」的な感覚で手が伸びないんだよ!

 

 ペンクリの話→2014年10月、ペンクリニックに行ってきた話。 - 爪の灯

 

 というわけで、インクを替えよう。

 

 黒色での筆記が必要になったら諦めてボールペン使おう。ちゅーかさー、最近の申込用紙とか、万年筆嫌いだよね?なんであんなにテカテカしてるん?なんでインク弾くん?数少ない黒色インクが活躍する局面じゃん!働かせてよ!と思ったことが何度と無くあるので、もう黒インク入れるのやめよう。

 

 でもなー、この見た目。何色入れたらいいんだろう。個人的にはオレンジ系のインク使ってみたいのだけれども!オプティマに吸わせたブルーブラックやサファリが吸ってるグリーンと競合しない暖色系が良いのだけれども!違和感がすごい!

 

 これは実際に入れてみて、そのギャップを楽しむべきか?そういう事なのか?セーラーのインクの取り扱いにオレンジってあったっけ?色雫はパイロットだよな?1本くらいはインクとペンのメーカーを合致させて使ってみたいぞ?

 

 ――これはこれでインク沼にはまっていく感じじゃね?

 

  参考拙作→思考停止で万年筆!~初心者必読の構え!~→万年筆はこう買えば失敗しない。 - 爪の灯

 

セーラー 万年筆 プロフェッショナルギア銀 中字 11-2037-420 ブラック

セーラー 万年筆 プロフェッショナルギア銀 中字 11-2037-420 ブラック