爪の灯

元スーツ販売員がプロ独身貴族視点で、ファッショナブルに節約を楽しむ系のブログです。

さよなら洋服。RAGTAG(ラグタグ)の買取サービスを利用してみた。

f:id:tumenoakari:20150107115117j:plain

 

 お金もらってる提燈記事じゃないから辛辣だよ!

 

 こう引越し(転勤)が続くと、嫌でも自分の持ち物の整理をする機会が増えてきて、で、いい加減、高校生時代とかに買った普段着を処分しましょうと。

 

 というか、買ったはいいが着ていない服、多い。なんだこの無駄な買い物は!!

 

 という自己嫌悪の中、黙々とダンボール詰め。だいたい何処の業者さんでもそうであろうが、送料無料&ダンボールはくれる。まぁ、今回は引越しで余った(捨て損ねた)ダンボールを使いましたが。

 

 で、とりあえず結果をば。

 

f:id:tumenoakari:20150107125845p:plain

 

 29アイテム売って2万円ほど。元値を思うと絶望的であるが、経過年数考えると致し方なしといったところか。

 

 基本的に箱詰めして送るだけなのだが、「送付商品リスト」を作るのが存外面倒だった。アイテム名称や特徴、購入時期や購入価格などを記入する表を作るのだが、名称や特徴はまぁ良いとして、購入時期や購入価格なんか覚えてない!という感じで結構空欄多かった。これはアレだね、販売するときにタグに記載している情報だね。2014年モデルとか。

 

 ブックオフの宅本便試したときも思ったけれども、「捨てるよりマシ」くらいの気持ちで活用するのが良いと思う。捨てるのにも手間とお金がかかるし。プライス気にするならオークションだよ。やっぱり。前回の宅本便同様、そんな手間かけられない!という事で使ったので、分かりきった結果ではあったのだが。

 

 考え方として、いらないもの、使っていないものにリソース割いている現状が「損し続けている状態」という価値観となるのであれば、丸得という感想になるのかなぁと。

 

 何はともあれ、お部屋がすっきり、クローゼットも超すっきりしたので、コレはコレで有り何じゃないかなぁと思いました。

 

 参考→家から漫画が消えた日。ブックオフ(BOOKOFF)「宅本便」を利用してみた!これはアリだ!部屋が広くなったヨ! - 爪の灯

 

 

男のファッション基本講座

男のファッション基本講座