爪の灯

元スーツ販売員がプロ独身貴族視点で、ファッショナブルに節約を楽しむ系のブログです。

レザーダウンの染め替え(補色)にチャレンジしてみたよ!

f:id:tumenoakari:20150107115147j:plain

 

 手持ちのレザーダウンの染め替え(補色)を実施したのでその記録。

 

 「モノを大切に、長く使う」ということは、つまり、適切なメンテナンスを実施するということでもある。

 

 【何故レザーダウン?】

 冬、寒いじゃん?そういうときに頼りになるのがダウンジャケットなワケですが、アレは一歩間違えるとダルマな見た目になってしまうという諸刃の剣。あーんど、ナイロン素材のテカリ感。あんまり好きじゃない。加えて、シルエットを気をつけたファッショナブルなダウンは高い!まぁ、高いのは仕方が無いのだけども、高いのであれば長く着たい。そうなると、必然的に手入れが可能な皮革製品に目が向くわけだ。

 

 で、レザーウエアの宿命として「色抜け」が発生するワケであるが、きちんとした業者さんに補色作業をお願いすると高い!だいたい2万円もする!コレ、安いダウン買えちゃう値段なんだよね。という事で、自分でやってみた。

 

 【必要なもの】

f:id:tumenoakari:20150107115130j:plain

 

 今回用意したものは以下の通り。

 ①SAPHIR(サフィール) レノベイティングカラー補修クリームの黒色

 ②同ブランドのユニバーサルレザーローション

 

 両方買って5千円しないくらいだったかな?

 

 あと、パレットに使えそうな何かと、ラップがあると良い。パレットを使い捨てにするのであればラップいらないけども。

 

 これに、定番の使い古しのシャツがあれば完璧だ!

 

 ※今回やるアイテムはバックラッシュのレザーダウン。

 

 【心構え】

 失敗しても泣かない心。というか、この製品、リムーバー(色落とし剤)がある為、ある程度リカバリーが効く安心仕様。ま、僕くらいになると、そんなもんに頼る気はさらさらなく、最悪、業者さんにお願いする気でいましたけどネッ。

 

 【びふぉーあふたー&やってみた】

f:id:tumenoakari:20150107115125j:plain

f:id:tumenoakari:20150107115125j:plain

 

 こちらびふぉー。PCモニタごしに伝わるかわかんないですけども、元々濃いグレーだったものの、色が抜け、オレンジがかった、くすんだグレーに色抜けしている状態。

 

 そう、これ、黒じゃなくてグレー。何で黒用意しちゃったかってーと、調色が面倒だったから。というか、このおしゃれダウン、デザインとして色むらがあったので、最初っから塗りつぶすくらいの勢いでやる決意をしていたのだ。ホームメイドでこのムラ感を出すことは諦めていたのだが・・・・・・

 

f:id:tumenoakari:20150107115145j:plain

 

 あふたー。思いのほか、というか、想定していたよりもはるかにきれいに染まった。写真だと全く伝わらないけども、何故かいい感じのもとのムラ感がそのまま活かされている。

 

 今回、黒クリーム2:レザーローション8で混ぜてやったんだけども、コレがヨカッタっぽい。適度な薄さが下地の良い感じのムラを塗りつぶす事無く仕上がった。

 

 あと、この製品選んだ最大の理由として、『色移りの無さ』があり、これは正に期待通りだった。こすっても色移りしない。この部分を気にしないのであれば、靴用クリームでも良かったんだけど(そっちのが安いし)、ウエアゆえ、この1点は譲れなかった。

 

 最後に、コツというかなんというか、「補色しつつ保湿」って感じでやると良い。レザーに栄養を与えるイメージで。靴磨き前にデリケートクリーム入れるような感覚で。洗顔後、保湿する感覚で。レザーローション自体が優秀なケア用品(今回は薄め液用途で使用したけど元々保革用品)なので、革自体の状態もよくなる。あと、レザーローション多かったせいか伸びが非常によく、とてもやりやすかった。

 

 これ、今回のダウンが元々色ムラのあるモノだったからかもわかんないけど、もっとムラでまくって失敗するかと思ってた。が、意外と何てこと無かった。これも薄さの恩恵か?

 

 と、非常に良い結果に終わったわけでありますが、全くデメリットが無かったわけでもなく。

 

 『しばらく非常に蜂蜜くさい』

 

 コレさえ問題ないと思えるのであれば、リーズナブルにウエアのケアが出来る超良アイテムだと思います。