読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

爪の灯

元スーツ販売員がプロ独身貴族視点で、ファッショナブルに節約を楽しむ系のブログです。

梅雨時期の最終手段、全だし!

f:id:tumenoakari:20140712143615j:plain

 

 はい、もう無理でした。

 

 この気候、この居室の特性、クローゼット内の湿気対策をあきらめました。窓を開けねば息苦しく、生活するに不利益。また、窓を開ければそこは雨。湿気でクローゼットの中身が死ぬ。

 

 油断をする。まずは皮革製品から。かばん、ベルトと、カビの被害にあう。これに気が付かず放置すると、次いで被害にあうのはウール製品。スーツやマフラーなどである。布帛製品は意外と大丈夫。

 

 これ高い順じゃん!

 

 布帛製品なんざ、多少かびても漂白剤IN洗濯機でどうとでもなるんだよ!皮革製品や、ウール製品とか、特別な対応が必要じゃんか!白カビ程度ならどうという事はないけども、そこからもう1ランク上がれば致命傷じゃねぇか!

 

 もちろん、手をこまねいていたわけではない。炭八をはじめ、ある程度の定期的な換気等、対策はしたさ。でもね、モノには限度っつーもんがあるんだよ!こんだけ湿度が高いと、焼け石に水だわ!!!!!

 

 というわけで、最終手段の全だし。皮革製品とスーツ類をフルオープンにしました。これならもう、カビる要素がない。というか、これでカビがはえるようなら、この部屋に暮らすわたし、健康被害がでているような環境だと思うの。副次効果として、クローゼットがスカスカになることで、居残り勢の環境もよくなる。まさに最強!

 

 ただーし、これにて一件落着というほど甘くもなく、これ、設置場所と、設置期間をしっかり制限しないと、日焼けする。特に、写真の感じで出していると、肩が焼ける。蛍光灯でも焼けるYO!なんで、普段はバスタオルとかかけてる。おかげさまで洗濯の頻度あーっぷ。

 

 機械式の除湿器をクローゼット内に設置しようかとも思いましたが、コレはコレで火事が怖い。なんか良い方法はなかろうものか?