爪の灯

元スーツ販売員がプロ独身貴族視点で、ファッショナブルに節約を楽しむ系のブログです。

梅雨!湿気!もういや!靴のカビ対策、最強の対策はやはり「開放型」!?

f:id:tumenoakari:20140704153957j:plain

 

 もうねー、この季節いや。雨自体は嫌いじゃないんですけどねぇ、風情あるし。じゃあ何がイヤって、「カビ」ですよ、奥さん。

 

 んで、今日は靴について。クローゼットに関してはこちら→梅雨入り前に!クローゼットの除湿、消臭。「炭八 調湿木炭」レビュー!オーガニック!エコ!ロハス!ん?ロハスってなんだっけ? - 爪の灯

 

 まず結論からですが、靴の保管は「開放型のラック」が最強なんじゃないかと思いました。

 

 開放型ラックの利点としてまず挙げられるのが「通気性最強」という部分ですね。冒頭の写真のモノを使用していますが、靴との設置点が靴底を通る2本の鉄パイプのみ。あとは空気と触れているので、接地面に湿気がたまってカビ発生という事態になりにくい。コレ、メンテ用で小さいタイプ1個買っちゃおうか考えるくらいイイ。主にぬれた靴乾かしたり、靴クリーム塗って放置なじませする時だったり。

 

 次いで、 開放型なので、「見える」点。ここだけ見ると何言ってんだコイツって感じですが、見えるんですよ。カビの発生が。シュークローク(靴箱)なんかだと、開けないと中の靴の状態がわかりませんよね?コレなら、玄関に設置しておけば、出かける毎に確認できる。万が一のカビ発生に対しても、早期対応が可能になる。これは大きい。

 

 と、基本的にはこの2点がメリットと思っておりますが、この2点が強力すぎて他はどうでもいいレベル。靴自体をディスプレイする感覚であれば、見た目も気にならないと思いますが、モノがモノなので、気になるようであれば、来客時に布でも書けておけばいいのです。

 

 以下、この商品自体に対する評価~。

 

 やっぱりですね、通販は博打みたいなところがありますよ。買ってみて、組み立てて、使ってみて、ダメだ!って思う事も少なくない。コレを買うときにも当然考えましたが、「靴箱」ではなく、あくまで「棚」なので、靴を置くのに適さないなぁと思ったら、その時はクローゼットにでも設置して、Tシャツやセーターを置く棚にしようと思ってました。それゆえのスチール製。木製も雰囲気があって良いのですが、木材、カビる素材なので、管理が面倒くさい。スチール製の2段棚って考えると、自由度はかなり高いので、失敗し辛い買い物なのかと考えて、ポチった。スライド式で、横幅の調整ができるのもナイス。設置しようとしている場所に隙間なく収めることができた。ちなみに、棚が1つのタイプもある。

 

 また、「連結可能」というのもポイント高い。この手のアイテムで拡張性があるのは利点。同商品のまとめ買い動機にもなるし、靴が増えた場合、雰囲気を壊さずに拡張できる。

 

 雑感。自分の使い方として、最上段を物置にしている。靴を履くときに、シューツリーを抜くワケなんですが、その置き場に今まで困っていましたが、ここに置くようにしました。鞄なんかを置こうかとも考えましたが、靴関連でまとめたほうが見栄えいいかなぁって。ちなみに、最下段は使ってません。湿気がたまる(りそう)な部分なので。あとは、玄関に靴が散乱しないようになったのがすごくうれしい。玄関に常時おかれる靴がサンダル一足になったので、玄関をきれいに保ちやすい。さっと掃除できるのだ。

 

 なんか、風水的に玄関って大切らしいじゃないですか?これは運が向いてきたかも!!!!!

 

 もう一台買っちゃった→ミニマリスト、賃貸住まい向けの最強の靴棚、山崎実業 伸縮シューズラック フレーム3段のレビュー。極限までシンプルなスタッキングシェルフゆえ、使い道いろいろ。 - 爪の灯

 

伸縮シューズラック フレーム ブラック 07210

伸縮シューズラック フレーム ブラック 07210

 

 

 

伸縮シューズラック フレーム 3段 ブラック 07556

伸縮シューズラック フレーム 3段 ブラック 07556