爪の灯

元スーツ販売員が、ファッショナブルに節約を楽しむ系のブログです。コスパとは、商品価格だけで決まるものではない!

形態安定/形状記憶のシャツの能力を最大限に引き出す!肝は「脱水」にあり!

f:id:tumenoakari:20140622155452j:plain

 

 夏ゆえに暑く、外にでないので、内向きの記事が多いです。

 

 さて、シャツ。形態安定のシャツはサラリーマンの強い味方であります。今回は高コスパのセットセールシャツ(某洋服の青山産)の「干し方」についてまとめたいと思います。

 

 参考→某洋服の青山で購入した、3枚1万円のシャツをワンランク上げる方法!と、このレベルのシャツのコスパ論。 - 爪の灯

 

 形態安定加工、ノンアイロンの加工がされたシャツを購入するってー事は、アイロンがけに対する情熱があまり無いってことですよね?できればアイロンがけしたくない。と。わかります。特に夏場のアイロンがけは苦行ですからね。というわけで、アイロンかけ無くても着用できるレベルの洗濯方法についてご案内。

 

 【ネットを使う】

 洗いの工程でもしわをつきにくくすることが肝要です。畳まなくてもいいです。かるーく、ざっくりまるめた状態でも構いませんので、ネットに入れてください。シャツ1枚だけで洗濯する場合を除き、「袖の絡まり」を防止することが目的です。袖を絡まらせた状態で脱水の工程を経てしまうと、しわしわになっちゃいます。

 

 【シャツだけで洗濯する】

 できれば、ネットに入れたシャツだけで洗濯機を回してください。コースは通常でOKです。ネットに入ったシャツだけが水流を泳ぐ事となり、ソフトな洗いになり、結果、あんまりしわがつきません。

 

 尚、「ソフトな洗い」になってしまうので、特にえり、そでの汚れが落ちにくいです。これは、事前洗いで対処してください。というか、普通にそのまま洗濯機にいれる運用でも、えり、そで汚れは落ちにくいはず。きれいなシャツを着用したいのならば、事前洗いは必須と思います。アイロンかけ無くてよくなることで浮く時間をここで使ってください。それくらい、重要な項目です。

 

 ちなみに、わたしは、シャツと一緒にお風呂入ります。風呂場に洗濯用のせっけんと、洗濯用のブラシをおいてあり、お湯使って、ざざーっと部分洗いしちゃいます。えり、そでだけなので、正味10分もかかりません。相当にきれいになりますので、オススメ。

 

 【脱水はほぼされてないレベルでやる】

 水がしたたり落ちないレベルの脱水だとやりすぎです。つゆだくで止めます。ここが肝です。水を吸ったシャツの自重でしわを伸ばすのです。尚、下にタオルとか敷いておかないと床がびちょびちょになっちゃいますので注意!当然、乾きは遅いです。これも意外な盲点ですので、在庫に注意!

 

------------------------------------------------------

 

 このレベルの洗濯を行うと、ノンアイロンでもほぼ問題ないレベルに仕上がります。シャツが古くなってくると形態安定加工がゆるくなってきますが、それでも実用レベルに仕上がります。ジャケットとか着用するのであればもういう事無いでしょう。

 

 いろいろ制限ありげに見えますが、実際習慣的にやってみると、そう重い手間でもありませんし、この仕上がり具合になれると、シャツのクリーニングとかばかばかしくなってきます。また、要アイロンの普通の綿シャツも、この洗濯方法だと、アイロンが楽です。なんせしわがつき辛いので。

 

 せっかく買ったものですから、その性能を最大限に発揮させてあげたいものであります。

 

 

↓使っているものリスト

 

東邦 ウタマロ洗濯石けん 133g

東邦 ウタマロ洗濯石けん 133g

 

 

洗剤が入るえりそで洗いブラシ ブルー

洗剤が入るえりそで洗いブラシ ブルー

 

 

 

ML2 洗濯ネット 角型 大

ML2 洗濯ネット 角型 大