爪の灯

元スーツ販売員がプロ独身貴族視点で、ファッショナブルに節約を楽しむ系のブログです。

ラミー、サファリ(LAMY safari)万年筆その後。

f:id:tumenoakari:20140613134700j:plain

 

 

 前回→ラミー、サファリ(LAMY safari)万年筆を購入。その購入経緯と同機。 - 爪の灯

 

 はい、使ってみての雑記です。一言でいうと、「めんどくさいけど、悪くない」って感じ。

 

 使用用途は前回書いた通り、ビジネス用途。EF(極細)のペン先ゆえ、メモ取るでも、チェック入れるにも使用可能。という事で、普段使いとしては何ら問題ないわけですが、ただ、がっつり筆記を行う局面が無い為、キャップの抜き差しが煩わしく、ボールペンの便利さが改めて浮き彫りになったという事は変わらず。ただまぁ、「万年筆を使っている」この感じがヤバイ。全力でおしゃれしている感じ。無理してわざわざ使ってる。これも良い。そんな自分がカワイイ。

 

 やっぱりこの使用用途だと、ボールペンに叶う事はないでしょうなぁ。インクの入れ替えとか実施したらまた世界が変わる気がしますが、あまり筆記しないという事から、何時だよって感じですしねぇ。ただ、楽しみがある。

 

 今月末、東京で会議があるのだ。

 

 ここ、ここですよ!ここでお披露目ですよ!!ああ、なんて楽しみなんだろう!どんな視線が注がれるんだろう……そして、おあつらえ向きに、プレゼンしなきゃいけなんですよ。ふふ、生まれ変わったネオな俺を見せつけてやるぜ!

 

 あ、ちなみに、自分の管理している事務所では完全スルーされています。悔しくて見せびらかしたけど、その一瞬だけ気にかけてくれた感じで、あとはまたスルー。泣きそう。まーねー、見た目、、、チープだもんねぇ。ぱっと見、万年筆っぽくないというデザインだもの。スーツやジャケットスタイルとの調和を考えると、もう少し重厚感のあるデザインじゃないと、つり合い取れないわなぁ。つぎはそういうのも試してみるかぁ。

 

 万年筆沼。その入り口がみえるっっ……

 

  万年筆記事一覧→万年筆 カテゴリーの記事一覧 - 爪の灯